So-net無料ブログ作成

中里の次はfree wave Pointで波乗り [海のカヤック遊び]

朝一の中里から場所を変えてFree Wave Pointへ、時間は9時ぐらい。
中里より波の高さはないがこれまたブレイクした後のスープが早い。
越えても越えても次のスープが来る感じ。
フォワードストロークができてないと前には進めない。

日が昇りいい天気です。

午前中で2ラウンド。
長い時間乗りませんが、中里のダメージがあり腕が痛い。
それでも漕ぎだすと痛さを忘れて波乗りを楽しむ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

土曜日、早起きしてまず中里海岸で波乗り [海のカヤック遊び]

2011年10月29日AM6時半、本日も晴天、天気予報と違い北西の風、少し吹いてる程度。
でもなぜか、うねりを見ていると強風が吹いているような感じ。
波が早いですね。
最初は胸肩ぐらいのうねりが次々に。
割れるのが早くバックウォッシュがきつい。

乗るのやだなと思いつつ、せっかく早起きして中里海岸に来たので勇気を奮い起す。
一緒に波乗りしたのは、ヤギサワさん。
お互いにこの強い波に翻ろうされる。



アウトに出るのがまずきついですが、それを上回るのが岸に戻ること。
波に乗らないとなりません。
アウトで僕らを通り越す波がすぐ目の前で大きなしぶきを上げてブレイクする。

これに乗るとまず巻かれると思いつつ、攻めたつもりがいいように巻かれる。
シートから腰が抜けるがしっかり両膝がバウをホールドしているのでリカバリーが楽にできた。
その1発でチキンになる。

その後の波になかなか乗れない。
そうこういしているうちに潮がみちて波に変化。
アウト側で割れにくくなり中里特有のインサイドダンパーになる。
こうなるとブレイクした後のスープに乗るだけ。
浅いので注意して気を入れてこのスープで遊ぶ。

結局40分ほど波乗りして終了。

その時、副業の出張先からしみとしさんの電話。
急いでFree Waveへ戻る。

この後、今度はこのポイントから800mぐらい南のポイントで波乗り。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

一人、一宮で波乗り [海のカヤック遊び]

2011年10月28日、高気圧に覆われて今日も天気で暖かい。

時間は8時半。
昨日の一松海水浴場の波は、昨日午後からの北風の影響で波が早い。
ブレイクしたバックプッシュのパワーが強くなっている。
乗れないことはないが気を入れて乗らないとやられそう。
しばらく海を見ていてから一宮へ移動。



一宮の河口の突堤とテトラのおかげでアウトへ出るのが楽そう。
東からのうねりがアウト寄りで胸肩ぐらいでフェースを作りブレイク。
一松より波がまったりしている。
乗りやすい波。
そこにはサーファがいない。
波はブレイクしてもフェースが残るので飛ばされぎみのテイクオフでも
ターンンが3回ぐらいはできそう。
でもなかなか横に走らせてくれないかもしれない。
そこで波は一度消えるがその先から腰ぐらいの波が立つ。
サーファはその波待ちで列を作っている。

北側は海岸までのロングライドできそうだがアウトへ出るのがハードなのでやめ。
それに波が相当早いので乗ったら気が抜けない。
一人じゃないときに乗りたいです。

波に乗りやすく走りやすいポイントが見えてきた。
自分のスキルにあった乗りやすそうな波だけを狙う。

毎度のことですが、それと疲れるほど乗りたくない。
楽しい面白いと感じたところで終わりにする。

今日はいい感じで乗れてます。

10分ぐらいの周期で頭ぐらいの大きい波が単発で入る。
乗るのをやめようとしたが波を越えられず、
そのままトップからブレイクした波に持っていかれ落ちた。
当然スピードがついてないのでフェースを走れず巻かれる。
2回ぐらい巻かれて回転した。
胸の前にしっかりパドルのシャフトをホールドしてロールのタイミングを計る。
周りが泡泡で上下がわからなくなるが明るいほうが海面。
右のブレードが波の圧力をとらえる。
その波の力を支点に明るいほうへ腰を返してカヤックを起こす。
力はそれほど必要としません。
波が体を起してカヤックを復元してくれる。

起きあがるとブレイスしたバックウォッシュに押されていた。
同じ波にまだ乗れていた。
そのおかげで簡単に起きれたんですね。
前荷重してボトムにブレイクしたスープに押し出されるように波に乗る。
サーフカヤックは走りだして3ターンは楽しめた。
目の前には波待ちしているサーファが並んでいた。
お見苦しいところお見せしました。

気を入れてまた波に乗る。
しばらくすると潮の引きが弱くなってきたのか波が収まりだす。
アウトで波が立たなくなってきた。
このままだとサーファと同じポイントで波待ちになる。
そろそろ本日の波乗りは終了。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日もいい天気だから波乗りへ [海のカヤック遊び]

2011年10月27日、朝の9時ぐらい風もなく晴天。
波があればいいなと思い海岸へ。
遊べる波があるので40分ほどこの号がのスポットで遊ぶ。
サーファは4人ほど。



しばらくするとブレイクするポイントが浅くなる。
ロールをするとパドルがつくので移動を考えた。
北を見るとアウト側できれいな波がブレイクしていた。
5人ぐらいサーファがいた。

車にカヤックを積み込みそちらへ移動。
インサイドは良くないが、アウト側でフェースがある胸サイズ。
波が途切れないで続けてきます。
時々横一線の頭サイズが入るが、乗るとバックウォッシュがきつく
思うようにさせてくれない。
途中で消えますが3ターンは十分できる。
本日はひたすらレギュラーに走る。
レギュラーで長乗りする練習を少し。
楽しい波です。

短い時間しか波に乗らないので続けて波乗りできそうだ。
体への負担もそれほどない。
そのために海のそばに移り住んだったんだ。
忘れていた。
明日も波乗りしに行こう。

海が荒れているときは休めばいい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

10月25日、久しぶりの晴天で暖かい。波はちいさい。 [海のカヤック遊び]

初めて一松海水浴場で波乗りしてみました。
おとといと打って変わって晴天。
波も小ぶりになりきれいですが南からの風が強い。
うねりも南東がメイン。

ロビンソン42と二人でサーフカヤックを楽しむ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

1年かかってオーシャンフリースタイル選手権に復活 [海のカヤック遊び]

先週の金曜日の昼、宮崎から優勝候補のN田さんがFree Waveへ来るので駅までお迎え。
昼食を三本松で食べた後、二人で荒れ荒れの一宮で波乗りをする。
北東の強風で、雲が厚くやや暗い感じ。
うねりは北東から入る。
サーファが一人だけいましたがすぐに帰って行った。
僕たち二人だけ。

突堤が北東のうねりを止めて、そこだけきれいなフェースのある波が立っていた。
この狭いポイントで波乗りをした。
そこ以外はすべてジャンク。

長乗りはできません。
胸ぐらいの波が一気に盛り上がりパワーのあるブレイク。
まともに食らうと飛ばされる。
フェースのあるブレイクするポイントを外せば気持ちよくカヤックが走る。
ただ、返しの波が強いので2ターンできればベスト。
頻繁に頭以上の波もはいる。
これに乗ると返し波を越えて結構乗ってられるが、
スープが速すぎてターンができず持っていかれる。
ターンをしていると泡のせいで左右がよく見えない。

1.jpg
2.jpg

久しぶりに強力なチキンに襲われてさっさとカヤックから降りて動画撮影。
ぼくのスキルではこの波に深入りすると危ない。
ワールドの大会に行ったN田さん、さすがにこの波に果敢に攻め込んでいる。

夕方にはSugiちゃんとTさん、その後、ドクさん、YARISA、
おそくなりしみとしさんご夫妻が到着。
前夜祭みたいな晩でした。

翌朝土曜日、T田さんが作ったサーフカヤック3艇をじっくり見せていただき、
1艇をお借りし、少しだけ波の状態がよくなった一宮へ天狼☆さんと二人でチャレンジ。
初物の恐ろしさを忘れておりました。
ロール練習もしないで荒れた波に乗る。
まったくロールができません。
それなりにくせがある艇だと忘れていた。
カレントにつかまり20分ほど泳ぐ。
天狼☆さんのレスキューがなければどうなっていか・・・・・
天狼☆さんに感謝。
カヤックを確保していただいた遊びに来ていたライフセーバの方に感謝。
お礼を言おうと思ったら波のコンディションが悪いので移動されていた。

イントルーダーだと、どったことない波でしたが反省。

こうなるとこの艇をモノにしたくなる。
ということで購入。
でもこの艇ではまだ大会には出れません。

夕方近くから前夜祭が始まる。
今回は天気が悪いのでバーベキューは中止でしたが、
いろいろな料理が登場して皆様の胃袋に消えていきました。

選手としてエントリーしているので自重して会場を後にする。
我が家は簡易宿。
天狼☆さん、ロビンソン42、世界の○おにしさんがお泊まり。

深夜からまた大雨、時々強風が吹く。

大会当日は雨は弱くなるが時々パラパラと降るコンディション。
海は前日よりは荒れが治まっているがややジャンク。
うねりは南東から入りだしていて乗る波はたっぷリ!
楽しそうな大会になりそうです。

前回、沈脱しながら優勝した○おたけさん、新たな伝説を作りました。
この話は海に来た時に・・・・・

試合の質が変わりだしている。
参加者皆さんのスキルの向上がすごいです。
見ていて面白い試合が展開されていた。

今回はエントリーしていたので自分の出番が終わるまで動画撮影できませんでした。
これからいろいろな方から写真や動画を集める予定。
結果は今日中にHPにアップします。

13th.jpg

一昨年は、スタッフをしながらの急なプレーボート部門エントリーと、
サーフカヤック部門エントリーの2種目は疲れましたが、
今回は1部門エントリーなのですが、3回ほどレスキュー出動して疲れた。

減量がたたったようだ。
それでも、徐々に回復してきてはいる。

1回戦はパプニングで負け、敗者復活戦は予定通り勝ち進み順々決勝へ、
昼の休憩時間から上半身全体が、あちこち順番にひきつりだした。
あわてて栄養補給したが間に合わない。
腕、背中、腹筋とひきつりだす。
こんなの初めてだ。
このまま乗れるかどうか思い悩んでいたら出番がきてしまう。
カラーゼッケンをつけてスタートポイントを目指すが、
スプレーカートをひつぱった瞬間、腕の筋肉がつりそうに。
波に漕ぎだそうとしていたら背中の筋肉が突っ張る。
スープを越えるたびに腹筋が痛む、そのうちに右の腹筋がつっている。
我慢できそうな気もしたが、スタート地点にどうにかたどり着き、決断。
棄権しましょ。

問題はこの後。
胸ぐらいのうねりが次々にきているので、乗ってしまうと本気で乗らないとやられる。
やられると体が勝手に反応してしまう。
一気に体のあちこちをつりそう。
沈脱し、つったまま泳ぐのは痛そうで、つらそうなので慎重に波をやり過ごしてインサイドへ。
腰ぐらいの波を極力脱力して波に乗り海岸にたどり着く。
そこでスタートの呼び出し。
×のサインを出して棄権。
皆さん、腰や首を心配してくれたが違うんです。

この試合対戦が相手が○おにしさんなのでやりたかったが安全第一。
来年は持久力をつけないといけません。

天気が回復してきて波がやや収まる。
うねりはほぼ南東のうねり。
波が立つポイントが会場左側に移動。
波に乗ると会場外へ出てしまい戻るのが大変。
会場センターはカレントが強くジャンクな波。
大会後半になり、スキルがある方たちなのでこの波を皆さん攻めています。
見ていて面白い試合です。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

荒れ荒れの中里、北西の強風が吹き荒れる [海のカヤック遊び]

北西の風が吹き荒れて海岸はクローズ状態。
当然サーファは一人もいない。

この波ではスープに乗るのがやっと。

日曜日の大会の天気はどうなるのかな?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ダイエットのサンドウィッチ [海のカヤック遊び]

三日酔いはないが、気温が急に下がり気圧の変化が激しいせいで首が痛い。

Free Waveでサーフカヤック積んで南へ。
地元の一松海水浴場は強風で波はジャンク。
まったく遊べない。

車を南へ走らす。
目的地は鵜原。
うねりが入ってないと、低いが山に囲まれた湾ということもあり波がない。
波がなかったら今日の波乗りは無し。

途中の各サーフスポットは荒れ気味。
御宿まで来ると風は強いが北風が山で押さえられているせいで
フェースのある遊べる波が立っていた。
結構いい波だ。
サーファが結構集まっていた。
サーフカヤックのビジターだと入れそうもないのでまた南へ。

入り組んだ湾が続いて鵜原到着。
ここまで来ると風も波もありません。
湾がやや南に向いているせいか、まったくうねりが入ってませんね。
しばらく海を見てから北へ戻る。

DSCF2051.JPG

DSCF2053.JPG

御宿でしばらく波を見ていた。
気温は17度あるが、風が強いせいで寒い。
写真を撮ったあたりだとサーファが少ないので着替えて乗ろうかと思ったが
みているうちに体が冷えて首回りが痛くなる。
今日はあきらめましょ。

帰り道、一宮の海岸で一休み。
風波で波はあるが低くスープがきつそう。
それより寒くて車から出られない。
車中にてお弁当のサンドウィッチを食べる。

DSCF2047.JPG

リハビリのために働いていた時、毎日弁当にサンドウィッチを作っていた。
15分もあればできてしまう。
定番は、目玉焼き、玉ねぎのスライス、ピーマン、ニンジン、セロリ、トマト。
時にはウィンナー、前日に食べた残り物、ポークソーテ、サラダなどなど。
それなりに変化がある。

食パンもいろいろなメーカのパンで試す。
パンはトースターでこんがり焼いて、しばらくおき硬くなるまで待つ。
ソフト系のパンだと柔らかすぎて分厚いサンドウィッチだとふにゃふにゃになる。
硬くなりすぎたり、味気ないパンもありました。

食パンより小さめのタッパに30cmのラップをタッパの倍以上敷いて、
トーストの耳を一辺だけカットしてその上に乗せて押し込める。
マヨネーズをたっぷり塗って、その上にタッパが目いっぱいになるぐらい具を乗せて、
最後にふたとしてと同じようにカットしたトーストを乗せる。
はみ出していたラップでしっかり包み込むで上からぎゅ~~と押す。
サンドウィッチのまわりを整えてふたをして出来上がり。

このサンドウィッチのおかげで8キロの減量を3か月で成功した。

トーストのパンはペッチャンコになっているが歯ごたえが残りいい感じ。
トマトは種とジュース部分を取り去らないと結構水が出る。
本日おうちゃくしてしくじりました。

飲み物はインスタントのコーヒーで作ったコーヒー牛乳。
砂糖は入れてませんが牛乳の甘さがありおいしい。
この夏は毎日これを作り仕事へ持っていってました。

日曜日はオーシャンフリースタイルです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

LEE君の柵作り、波乗りとフィッティング [海のカヤック遊び]

Lee君のスティール製の柵が購入後わずか半年で腐食して穴が所も穴があいた。
某メーカーのスティール製の犬小屋にはまだ錆が出てないです。

 中空の四角い枠に円柱の格子が溶接して一辺が120cm。
 それを8個つなげ4角いサークルとして使用している。

大型犬まで強度があるとのことで購入しましたが、あと数カ月で格子が外れ枠が折れ壊れそう。
購入したKインズホームにクレームしたら交換OKとのこと。
8個全部に腐食のばらつきがあり、スティール製に信頼性がないので
ステンレス製に変更してもらった。
屋外で使用するはずなのに、錆びた素材に錆止め塗装をしてないのかもしれない。
製品化したようで購入当時から、塗装部分がところどころ凹凸になっていた。
多分錆が浮いていたのでしょう。

日曜日の午後、売り場担当者が交換してくれるステンレスの枠を自宅まで届けてくれた。
格子の湿気抜きやフレームの水抜きの穴対策がしてある。
同じメーカの商品じゃないみたい。

フィッティングの話

これまで、ウレタンで腰を固定したら上体の回転が悪くなり取り外し、
膝のホールドをしら、膝のすっぽ抜けはなくなる。
新しいシューズだと硬めの靴底で血行が悪くなり足の指しびれ、
まともに乗ってられなくナxgつていた。
裸足で乗ったら感じがよくなりカヤックの動きがよくなり自分じゃないみたいな乗りこなし。
ただカーボンケプラーのていの内側はざらざらしていて皮むけが起きる。

靴を履かない分靴底分がゆるくなり、踏ん張りが利かなくなる。
それでも荒れた波でも巻かれずにそんな波から逃げられた。
ロールの返しが悪く余分な力を使う。
手術した首回りに痛みが出てきた。
これが先週までの話。

土曜日にフットレスト上部にできていたウレタンの隙間をふさぎ乗った。
今回ははだしではなく2mmのウレタンソックス。
まだこれだと薄くて踏ん張りがきかない。
ですがロールの返しが凄く良くなった。

北風が強く南へ流されぎみ。
インサイドはジャンクでスープの波もぐちゃぐちゃ。
アウトへ目指すがパワーがありスープを乗り越えられず押し戻される。

アウトは胸ぐらいの波が立て続けに入り、波を乗り越えるのに追われ波に乗れない。
波間に木の葉のようにサーフカヤックが揺られバランスをとるのが忙しい。
うねりは北東から入る胸サイズ、東から頭サイズが入るが波が連続して入り絞り切れない。
東から入る波はきれいな波だが体が危険と拒否。
ブレイクしたらすぐにインサイドで返し波とぶつかり弩ダンパー。
ワンターンで抜けないとつかまり巻き巻き。
早く言えば巻かれそうで怖い。

ということで北東からのうねりに乗る、グーフィーの波のはずだが、
ブレイクしたバックウォッシュが早くターンする前につかまり押し流される。
足の踏ん張りがきけばバックウォッシュに突っ込んで飛ばされるようなターンができるかも。
でもそんなスキルがないので無理か。
腰に痛みが起きたので1時間ぐらいでやめ。
天気が悪いせいか首がやや重い。

少し踏ん張りをきかせたいので20mm分フットレストにウレタンを足す。
早起きができないので昼前に白子の南白亀川河口で30分だけ試し乗り。

河口堤防先のアウトサイドは前日のような波。
うねりは2方向から来るようだ。
つま先がしっかりウレタンにフィットしている。
本日は靴底が薄めのシューズ。

NARI君が久しぶりにFree Waveにきたので一緒に乗る。
NARI君はロックスターに試乗して果敢に回転系をして楽しんでます。
大きな波を飛び跳ね、いい感じでエアーのブラントが決まっている。
艇がショートなので波越えが大変そうだ。
スターンを食われぱなしです。

こんな波に横に走るスキルがないが、スープにつかまり気味だが巻かれずに走れた。
20mmのウレタンで足の踏ん張りが利くようだ。
後はきれいにターンができればいいのですがね。
30分ですがこんな波に沈をせず終了。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。