So-net無料ブログ作成
検索選択
海のカヤック遊び ブログトップ
前の10件 | -

ロールの感触が戻る [海のカヤック遊び]

固い樹脂のサイドブレースに10ミリのウレタンを貼り付けた。
膝が当たるあたりにも貼り付けた。
家でフィッティングを確かめると、カーボンと違いボディが柔らかく、
膝に力を入れるとゆがむ。
違和感はない。

1123.jpg
MEGA イントルーダー

ということで、家から10分ぐらいの一宮まで波乗りに出かけた。
予報だとモモ腰ぐらい。
慣らしにはちょうどいいぐらい。

サーファが多数いたが最初は隅っこで乗る。
腰ぐらいの波を狙って乗った
この日もレギュラーオンリー。

先週末の九十九里とは大違い。
フレンドリーでいい波つい大き目の波にも乗る。

巻かれたが素直にブレードが波をとらえてロールが上がる。
この感触を待っていた。
このあと何回か巻かれたがロールに問題なし。
太ももにサイドブレースが当たるあたりに久しぶりに痛みを覚えた。
ロールができなくなってからこの痛みを感じたことがなかった。
フィッティングがうまくいったようだ。
長いトンネルだった。

サーファがスルーするややインサイド寄りに入る波に連続して乗った。
この波のほうがアウトより多い。

ときたま、グーフィーの波が入る。
まだどうしてもうまく波に乗れない。
レールを入れようとするタイミングが早いようなので、
次に来た波の時に、もう少し正面で滑走して加速し、
左のリップにアイコンタクトを入れてから
左に上体をひねって左のブレードでフェースを抑え込んでみた。
すんなりとターンが始まり左エッジがレールに入る。

沈脱が怖かったからどうしても動作が早くなっていたようです。
チャペル木曽さんが言ってましたが、
ロールができればいろいろチャレンジできるようになる。
まさにその通り。

土曜日の波はよし、日曜日はだんだんジャンク [海のカヤック遊び]

土曜日のお昼ぐらいの海は良かった。
海岸にいると気温も、海水温も暖かくまったりぎみ。
波はいい感じでアウト側に入っている。
乗れれば楽しい。



グフィーのほうが得意だったのがなぜか逆でレギュラー方向にしか走れない。
必ずブレイクした波に捕まり横に流され気味。
レール(サイドエッジ)を入れられない。
世界の○西さんにも指摘される。
上体が起きて後傾になっているようだ。

SANY0151-poster.jpg

MEGAイントルーダーに少し慣れてくると気になるとことが。
以前持っていたイントルーダーもそうだったような気がする。
そのためバウにいろいろ詰め込んでフィッティングしていた。

バウの天地の高さがあるので、ニュートロンのウレタンがすっぽり先まで入り込む。
足が届かない。
今のサーフカヤックのバウはみんな細め。
それで5センチほどたしたが、また踏みつけられてつま先しか届かない。
ひざとモモでホールドしようとしてつま先が届かなくなり踏ん張りが利きません。
足はボトムをしっかり押さえていますがすぐにずれて足が伸びてしまう。

それでもロールが上がりだしたのでよし。
まだ不安が残りアウトへはなかなか漕ぎ出せない。

日曜日は幅が6センチほどの発泡スチロールの板を切って継ぎ足した。
初めは何となくいい感じの気がしたが。
ダンパーのインサイドを超えようとして踏ん張っているうちに、
両足がしびれだす。
バウの中で足の向きをいろいろ変えたりするが効果なし。
この現象は依然もおきてました。

ニューメンバーの○さきさんが一人でアウトの波に乗っているので
近くまで漕いで行き見学。
そこに行きつくまでが一苦労。

胸ぐらいのブレイクしてきた波が再び高くなり、
そこで消えてしまうポイントが見学ポイントであり、横移動できるところ。
うねりが始まるところまで行けば、波はそれほどではないのでいいのですが
どうしてもロールが怪しいということが頭にこびりつき不安なってくる。
去年の今頃は平気だったと言い聞かせてそばまで近寄る。

足のしびれが最高潮。
このままでは足の感覚がなくなりそうなのでひとまず一休みして
2センチぐらいのウレタンの板を抜いてまた漕ぎ出す。

それほど違和感はない。
インサイドのスープでレールを入れる練習。
スラロームをして確認。
重心を前に持っていければ走り出すしターンが楽になる。
スピードが出てないとバウが沈み込み沈しやすくなる。
足のしびれは止まる。

海はだんだんジャンクに。
こんな時はさっさと上がる。

14th Ocean Free Style 2012.10.21 Japan [海のカヤック遊び]

大会動画

先週末にフリーウエーブのしみとしさんが継続して開催している
14th Ocean Free Style 2012.10.21 Japan が開催されました。

国内の海での競技会としてただ一つの大会です。
今後も続けて開催されるよう願う次第です。

14th.jpg

プレーボート部門16人、サーフカヤック部門16人
敗者復活戦もあり楽しい大会でした。

参加者皆さんを撮りたいのですが、この動画は午前中の試合に
参加しながら撮ったのですべての試合ではありません。

第14回オーシャンフリースタイル選手権大会午前中-1



第14回オーシャンフリースタイル選手権大会午前中-2



第14回オーシャンフリースタイル選手権大会午後-1



第14回オーシャンフリースタイル選手権大会午後-2



第14回オーシャンフリースタイル選手権大会午後-3



第14回オーシャンフリースタイル選手権大会すべての動画

※上の5本の動画をまとめたもので25分29秒あります。



まだ首の手術後のリハビリに時間がかかってますが
2年間で2か所で雇用される経験をしてみました。
やっぱり自分で事業を起こしたほうがいいという結論で
来月からゼロスタート。

1年ほど前からロールができなくなって海で毎回のように脱って泳いでいます。
そのうちにまたロールができるようになるでしょう。

Mega Neutron RV試乗 [海のカヤック遊び]

Megaイントルーダーは多々古いタイプのサーフカヤック。
最新のサーフカヤックと比較すると艇が長め。

今の艇と違いショートターンや飛び系はややよっこいしょという感じでしょうか。
プレーボートの進化と同じかもね。

エア2はそういう意味では最新の艇かもしれない。
波に乗っているときは楽しいが、一つ越えられない問題がある。
僕のロールを1から変えないとならない。
どうもそれだけは急にはできそうもない。

今のイントルーダの足元のフィッティングがいくらやってもうまくいかない。
艇に乗りこむと足首から先がすぐしびれてしまう。
まずかかとがしびれて感覚がなくなる。
次につま先からしびれが広がる。
波に乗ると一時的にしびれが消えるがまたしびれる。
長い時間は乗ってられない。
頚椎の後遺症かと考えてしまったが、
他のサーフカヤックに乗った時には起きない。

せっかくいい波が目の前にあってもしびれた状態だと乗るのが無理。
このところそんなことで思うように乗れてない。

思い悩んでいたら○西さんがMegaを売り出した。
イントルーダーよりは新しい世代の艇。
全長が短い分とりまわしが楽なはずということで試乗を先週お願いし
今週持ってきてもらう。

http://1.bp.blogspot.com/-ZIPYWsGFvkk/Tsh67m8IHTI/AAAAAAAABG8/go7s6jaK5Ek/s1600/CIMG0532.JPG
Mega Neutron RV

土曜は仕事で乗れず。
日曜に1時間ぐらいチャレンジした。
波が膝ももぐらい。
初めて乗るにはちょうどいいかもしれないが、
なかなか割れない波でてこずるが、乗れるといい感じで走る。
艇が短い分やや出足が遅いので波を乗り逃す。
油断すると時々目の前に腹ぐらいの波。
対応が遅れ巻かれるがいい感じで回転してくれて起きあがる。
自分からロールを試しませんがこんな感じでロールを試せた。
他にオフサイドロールができないのでぐるっと回ってロール。
なんとか一発で上がれた。
エア2と全然違う。
やはりニュートロンだ。
ポリ艇は重くて起きずらかったがフルカーボン艇なので軽くて起きやすい。
ということで自宅へお持ち帰り。

波はまったりして小さめ [海のカヤック遊び]

海底の砂の付き方が変わったせいか波がフレンドリーです。

ochi_1.jpg
onishi_1.jpg
yagizawa_1.jpg
yarisa_1.jpg

波は小ぶりですが遊べます。
気温は昼ごろ15度ぐらいあり、海水温18度ぐらいある。
グローブの必要がありません。
エア2に乗り、沈脱で恒例の泳ぎ。
リカバリロール2回成功、巻かれて波の勢いで上がれた何となく上がっちゃったロール1回、沈脱1回。
寒くありません!!



日曜日はFree Wave Pointへ。
波は前日より少ないが時々やや大きめの波。
イントルーダに乗り沈はなしでロールはゼロ。
このサーフカヤックは問題ないのですがね。


強風でダンパー、でも波はだんだん良くなりました!! [海のカヤック遊び]

これはダイジェスト版です。
皆さんの楽しい波乗りを短くするのは大変でしたが、それはそれで短く。
長い本編はグラビティでご覧ください。



朝のうち強風。
普段なら波乗りは飽きられてますが、プレーボートなら乗れるでしょということで、FeeWave Pointへ出撃。
カヤックをかついているとあおられて倒れそう。
ブレイクする波は水しぶきを上げ虹を作る。
昨日からの方、去年も来た方はメキメキスキルをあげている。
やはり基本が大事ということでしょうか。

午後になるとやや風が治まってきて波がきれいになってきた。
本日も撮影班でしたが皆さんが休憩に入っている時乗っちゃいました。

この日一人だけサーフカヤック。
楽しい波でした。
レギュラーがきれいに走れ長乗りできる波。
うれしくなります。
残念なのは僕が乗りだしたら波が一時止まる。
もっと乗りたかったがこの動画を作るので自宅へ帰る。

その後波はもっと良くなったとか。
そんなもんですね。

プレーボート日和の波 [海のカヤック遊び]

これはダイジェスト
川でこんな波立っていると怖いですね。
近寄るのもいやですね。
でもここは川、といっても河口です。
場所は九十九里海岸の白子河口。
グラビティツアーの方々です。



本編は20分ほど皆さんの楽しそうな波乗りが見れます。
グラビティの忘年会でご覧ください。

シーズン初めてのおニューのフルドライ。
シューズを履いてサーフカヤックに乗ると足がしびれるのを忘れ乗りこむ。
乗りだすと足元きゅうくつ。
足の収まり悪くまったく踏ん張れない。
どうにかバランスをとるがまったくだめ。
10分ものらずに降りる。
そこでこの動画撮影。
シューズを脱ぎまたサーフカヤックに乗る。
波がぐちゃぐちゃで走りません。
結局すぐに降りて一度着替えに戻ってまた撮影。
潮が引いて川の色が茶色くなってきた。

3回沈をして3回とも同じ感じでシートから尻が抜け落ちる。
以前だと海中でさかさまになりシートに尻を入れ直すが浅目で頭打ちそう。
強引にロールをかけて起きあがる。
イントルーダでこんな感じで起きれるならエア2も起きれるはず。
原因は気持ちかもしれない。
プレーボートの人たちは楽しそうに乗ってますね。

youtubeで音の入れ替え
Promise Me You'll Call Jimmy Barnes
いいですね。

荒れた波も漕ぎまくり [海のカヤック遊び]

出だしはいつも怖いですが、波乗りが楽しいです。
思いっきりフォワードストロークを漕いで波乗りするポイントへ。
漕いでは戻されを繰り返す。
波を待つポイントで自分の乗れる波を待つ。



時に大きな波がきて強制的に波乗り。
思ったターンはさせてくれないがどうにか持ちこたえて少しでもコントロール

好きな波が来たら波をよく見て、おもっいきり好きな走りをする。
そんな波に1本乗れて思うように乗れればそれで満足。

週末の波乗り [海のカヤック遊び]



11月5日土曜日

オーストラリア製の新しいサーフカヤック
楽しそうです。
北の海岸は荒れ気味なので一宮にて進水式。

昼過ぎから大きなうねりが入りだす。

防波堤と突堤の間からから入る波、テトラポットに激しく打ち付ける波。
テトラから始まる波、パワーのある波です。

今一、ここの波に乗れない。
フェースもありいい波ですが、これが自分のスキルかな。



11月6日日曜日

小雨が降る天気ですが寒くない。
変な気候ですね。
サーフカヤック3艇、久しぶりにFree Wave Poinrで波乗り。
前日だと頭サイズが時々入りいっきりブレイクするような波。
さもなくばインサイドジャンク
海岸線が泡泡でしたが今日の波はフレンドリー。
とはいいつつやや荒れてますがそこそこの波で遊べます。

サーフトリップ 茨城 [海のカヤック遊び]



首の手術から1年、久しぶりにサーフカヤックを車に乗せて旅へ出かけた。
今回は1日目に河原子海水浴場、翌日は大洗海水浴場、大洗サンビーチ。

河原子海水浴場は地盤沈下があったそうです。
この日の波は、荒れていて波があるときの一松海水浴場に近い感じがした。
潮の流れなどがわからないので軽く乗って終わり。

大洗サンビーチは1年ぶり。
今回はほどほどの波で遊ぶということでここをチョイス
ここは沖合の防潮堤のおかげでいろいろな波が選べて面白いスポットですね。
防潮堤から外れると波が一気にハードになる。

初物に弱いので大洗海水浴場のアクアマリン大洗水族館前の波にはビビりました。
砂浜といえるものがほんの少ししかない。
ここも地盤沈下があったのでしょうか?
怖くて浮かんで終わり。

それではますます物足りないので大洗サンビーチへ移動して波乗り。
ロングのペアと知り合いになり、一緒に波乗り。
前の日より波が上がっていて面白い。
波乗り中、パドルボードの方と話し込み流される。
なかなか楽しい時でした。

さすがにこの1週間波乗り漬けで体にガタが来た。
翌日はNO波乗りDAYに。

楽しい旅でした。
宿の方たち、カヤッカー、サーファに感謝。
前の10件 | - 海のカヤック遊び ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。