So-net無料ブログ作成
検索選択

飲むんだったらダーツでクリケット [ダーツ]

今週も近くの店でダーツをした。
いつものようにクリケット。
マイダーツなんて持ってないのでハウスダーツ。
ゲーム設定が九十九里と違う、都会はなぜか上がりやすい。
先週の店と違い必ずダーツが的に刺さる。

九十九里ですと1ゲームが15セットスタンダード
1回のゲーム料が100円で15セットで45投できる。
都内の店では200円で20セットで60投できる。
15投の違いは大きい。

投げていて余裕を感じた。
先週投げたときと違う。

最初のゲーム、15セットでゲームを上がれた。
続けてもう1ゲームしてみた、同じように上がれる。

九十九里と同じようにラムをダブルであおった。
何か物足りないのでもう一杯飲んで3ゲーム目をしてみた。
酔いが回って立つ位置がアバウトになるが、投げていて修正がきく。
トリプルがずれているが入る。

集中して狙ったポイントに投げ込む。
気持ちいいほど入る。

練習しないほうがいいかもしれない。
いい加減なほうがいいのかもしれない。

海でもこんな感じだといいな。
まったりと波と戯れる。

外れた後でもシングル狙いで埋まる。

15から19まで簡単に決まる。
あとはブル。
それも3投で決まる。

酔い方が足りないのか、酔いすぎているのかわからないが
続けて投げてもどんどん決まりそう。

こんな時は気持ち良く帰るほうがいいと思い、
ラムのストレートをダブルで飲んで家に帰る。
歩いて家に帰れる距離。

そんな時は帰る途中で人にばったり会い立ち話。

いろいろあるもんですね。
ブログランキング

人気blogランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

反対へ歩くこともいいかもしれない [ダーツ]

散歩がてら、家と反対方向の江戸川橋に飲みに行く。
たかだか10分ちょっとの散歩。
でも反対方向なので帰りは倍歩く。
あともう10分も歩けば神楽坂

あんばいのマスターに1年ぶりぐらいに会う。
去年子供が生まれたと連絡はもらっていた。
今は、はいはいだそうだ。
親子3人で川の字に寝てるとか、うれしそうに話をしてくれた。

一人で飲みに行ったのでカウンターで飲んだ。
マスターがそばで僕の相手にしてくれた。

この時期どこも商売はいろいろ工夫をしないとならないようだ。
なんだかんだそんな話をしていたら生ビールを3杯ほど飲んでいた。

閉店前に客が帰り僕が一人。
店が閉まり、店のスタッフもこの話に加わり話は急に4人でのミーティングと変わる。
また生ビールをお代わりしてとりあえず清算。

ついでに営業。
そのうちに話が成立。

このジャンルの仕事はしてないのでいろいろ勉強になりますね。
今はまだ何も準備をしてないので次回飲みに来る時までに
お互いに整理するということでお開き。
また飲みに来ないとならない。

まだ千鳥足にはなってない。

次に、神楽坂寄りのWITHへ。
ここはダーツバー。
やはりここも1年ぶり。

3年ぐらい前、毎日のように朝がたまでここで酒を飲みダーツをしていた。
帰る頃にはいつも外は明るかった。

また生ビールを飲む。
1杯飲んだところでハウスダーツを借りて一人でクリケット。
なぜかまったくダーツがささらない。
こんなことは初めてだ。

ここのダーツのマシンは1回3投で60投できるが50投まったくささらない。
点数だけは何となく埋まっていく。
ブルも簡単に的に当たったようだが、残り17だけがどうしても
埋まらないでゲームオーバー。

どうもおかしい。

それも見ていた店員のOKAくんがマイダーツを貸してくれた。
ハウスダーツと違いシャフトが短くて軽い。
最初その軽さになれなくて狙った所には刺さらない。
それでも前のゲームとは違い的にはささる。
ささると狙いを修正できるので狙いやすくなる。

立ち位置、体の向きを少し調整しながらゲームをした。
それから狙うときの目線と手の振りだす方向が調整できる。
このマイダーツは投げやすかった。
1のトリプルは入るがその両隣りの20と18トリプルに入らない。

週末の九十九里で投げるハウスダーツより気分よく投げられた。

そうすると突然狙い目の各トリプルの的がはっきり見えだした。
6ゲーム目で20と18がやっと埋まる。

そのあと急にトリプルが刺さりだす。

クリケットをしていると1や3のトリプル3本なんてよくあるが
それでは点数に結びつかないしあがれない。

今回は初めて15トリプル、17トリプル、19トリプルと連続ささりホワイトホース。
初めての経験だった。

16でやや手間取ったが9ゲーム目であとはブルを入れるだけ。

10ゲーム目でブルが1本入る。
あとは2本ブルを入れるだけ。
11ゲーム目。
ブルが続けて2本入る。
こんなことありませんね。

それを見ていたOKAくんがゲームをしようと言い出すが、
久しぶりに力がはいったようで肘が痛みだす。
集中力はこれで終わり。

それで景気づけにもう1杯生ビール飲んで二人で対戦。
痛みが気になりもう投げられない。

お情けで遊んでいただく。
そこでお開き。

そこから家まで歩いて帰った。
30分ぐらいで家にたどり着く。
歩きながらふと感じたことがある。

いつもまっすぐ歩くだけじゃなくて
反対へ歩いていくこともいいかもしれない。
ブログランキング

人気blogランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

不良中年の生き方が好きだ [ダーツ]

どうしても一人で消化できない仕事があり、
夜の7時過ぎにぐらいに昔の仲間に連絡して
1時間後にヘルプできてもらう。
どうにか10時半ぐらいに仕事が終わる。

僕も、ヘルプの人も晩飯を食べてないので食事に行く。
ゆっくり食事をしているとその人の帰りの乗り物が無くなるので、
その人の家のそばで軽く呑みながらゆっくり食事をした。

そこは以前僕が住んでいたところから50メートルぐらいのところ。
そのヘルプしてくれた人はそれから数十メートルも離れていない、
元近所のお友達で、古い仕事仲間。

去年の暮れぐらいに飲みに来たことがあるが、
この数年は年に2回ぐらいしかこのあたりには来ない。

僕は生ビール、本日やや風が強くて寒いというので
ヘルパーさんはホットワイン
昔の話と最近の話をしているうちに気がつけば12時半過ぎ。
お開きにして分かれる。
20080327013906.jpg

僕は久しぶりに来たので当然のようになじみの店へ。
客は一人だけ、地元の議員さん。

僕はこの店でいつも飲んでいたバーボンを飲む。
やや控えめに水割りでターキーを4杯ぐらい飲む。

古い話ですが、まだ消去してない昔のホームページに、
この店のことを書いてました。コピペしてみてください。
人は歳を重ねても変わりません。
今の僕がおかしいのかな。健康的過ぎますね。
不健康が僕の売りなのに。
 ↓
http://homepage2.nifty.com/tsune2/tansinhunin/2002_09_20.html

なぜか店のママさんがダーツをしたいと言い出す。
この店は朝方までやる店で、まだ2時にもなっていない。

いわれるままに、ママさんが店を閉めるのを待ち
二人でダーツバーへと向かう。
タクシーを使ったせいで、そこがどこだか分からなくなっている。
ビリヤードの台が2台あり、ダーツのマシンが2台ある店だった。

この店に入ったことが無いがこの前を酔っていて歩いたことがある。
その時はこの店に入らなかった。

2台のダーツのマシンでは、ゲームに真っ最中であきそうも無い。
ということであいていたビリヤードを久しぶりにした。
9ボールをしたが、酔っているせいで8ボールと思い込んでいる。
でもどうにかママさんと試合にはなる。
20080327024331.jpg

そうこうしているうちに、ダーツのマシンがあき楽しい時が始まるが・・・・・
本日練習ですよ、次回がんばりましょうという感じでママさんを慰める。
本人ビリヤードのほうが面白いとか言うが、投げ方を少し理解したようだ。

僕もそれに付き合っていて、気がついたことがある。
視線だ。
ママは僕よりも20センチほど背が低い。
慣れないので投げるタイミングで苦労していた。
ほとんどは的より下にダーツが飛んだ。

最初は腕の高さで調節してもらおうとしたがどうも違う。
そこで気がついたのが目線だった。
これはカヤックと同じですよ!!
インブルに対する目線の位置が僕らより下なのに、
構えも見ている方向、視線が僕らと同じだった。
それに気がつき、やや上を向いて投げてもらった。
そうしたら、ダーツが急に的に刺さりだした。

酔っていますのでこのぐらいにしますが、
見る方向に体は動くということはカヤックと同じだ。

こんなことまた書くと誰かにしかられそうです。
前回は柔道でしたね。

もう朝の5時ですね。
寝ないと。






ブログランキング



人気blogランキングへ



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

夜更かしはほどほどに、でも投げちゃう [ダーツ]

飲んだ勢いで一人でダーツしにいく。
ほんとは飲んだ後でトイレに我慢できなくなりその店に入った。
ちょうど歩いて帰る途中にマシンのダーツが1台置いてある店だ。
店は表通りに面したビルの2階。
事務用のビルと住宅用のビルが並んだ通りにある。
3週間ぐらい前にもこの店へはきていた。

当然のように、最初からトイレを借りてスッキリさせる。
結構つらかった。
ビールを飲むとどうしても近くなる。

ギネスビールを頼んで、1,000円だけ両替してもらう。
この店でやるゲームはクリケット。
どの店でもいつも同じですがね。
1ゲーム200円。
早速、練習なしで投げ込む。
投げ方がどうもふらついていて一定しない。
面倒なので上から埋めていく。
20、18といれて、次に下側をねらる。
当然ですがはずれてなかなか入りません。
最後にブルを残して終了。

ギネスをそこで腹の中に入れて再挑戦。
今度は順調に入るがまたブルでつまずく。
かろうじて最終の20回目で埋まり終了。
これでよしとして終わろうと最初は思った。
でも、これでは気持ちがよくないでしょうと、
心の中の誰かさんがささやきもう1ゲームする。

先ほどとフォームは同じようだけど、
何も考えないで投げることにした。
狙うポイントに集中して投げる。
最初のゲームの半分でブルの前まで埋まる。

最後は続けてブルに入る。
あっけなく終了。
何か物足りない。
でもトイレを借りるために入った店。

今週末のことを考えて清算して自宅へ歩いて帰る。
夜更かしはほどほどに。


ブログランキング

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

指が治り、飲んだらダーツバーへ直行 [ダーツ]

一時プチトマトみたいになった腫れは完全にひいた。
腫れのひいたその反動で指と手のひらにしわがいつもより多いぐらいだ。

5日間抗生物質を飲み続けたおかげだけど、体調がなんとなくよくなかった。
天気も梅雨そのものという霧雨と小雨のうっとうしい天気が続いていた。
気分を変えて昨晩インド料理の店へ出かけてみた。
いつものように赤ワインをボトルで頼み、一品料理を肴に飲んだ。
ふくよかな体型のインド人の女性は顔なじみだ。
「いつものワインがないけど料金同じね」
といってワインのボトルを持ってくる。
カリフォルニアワインの赤。
ここのボトルは安い。1750円。
つい飲みすぎてしまう。
いつもよりワインの回りが速いような気がしたらもうすでに1本飲んでいた。
やはり辛めのものを食べるときには、水を飲みながらでないとワインを水のように飲んでしまう。
薬が体から抜けていないので、ワインはここでストップ
そうしないともう1本注文しそうな勢い。

気分が高揚してきて、要町へ久々にダーツをしに行く。
先々週、新宿でも投げてましたね。
酒を飲まないでダーツをすることがありませんね。
wizで「はち」さんがもってきたおもちゃのダーツをする時ぐらいですね。

いつものようにギネスを注文。
最初、マシン相手に一人で始める、だが酔っていてゲームセットできない、
そのうちにセットを間違えて301からスタートしてしまう。
一人の時にはまずしないゲームだ、苦手なんですね。
最初順調でカウントが減り、残り21が残る。
これがなかなか難しい。
クリケットばかりしてるから15より下の数字を狙うことがない。
はずれてその数字に入ることはいつものこと、狙うといつも狙う15以上(お隣の枠)のところに投げてしまう。
5のトリプルで3のダブルで決めようかと思い投げるが入るはずがない。
最終回で、1が入り、10のダブルがまぐれではいりクリア。
ダブルの上がりはつらいですね。

その次にクリケット、1回目。
トリプルは隣の枠には2本とか続けてはいるが少しずれる、いやこれは大きなずれですね。
シングル狙いでどうにかうめていき、残りは真ん中のインブルねらいだが、これもずれている。
気持ちコントロールして、投げる位置を変えて投げてもなぜか同じところに投げている。
これが本日最後まで影響する。
最後はブル1本残しでゲーム終了。

クリケット、2回目。
今度は順調にトリプルに入るが、なぜか18に入らない。
1のトリプルが3本入ってもしょうがない。
8セット目でブル以外埋まる。
調子が戻ってきたようだが、インブルがどうしても入らないでまわりに散る。
投げ方を調整して14セット目でゲーム終了。

店のオーナー夫婦が出勤してきた。
奥さんは江古田の大会に出場してきたとか。
だんなは今回行かなかったようだ。
そこで、久々にだんなに試合を申し込む。

最後にこの店に来たときには事務所の子にコテンパンにされている。
このところまったく練習してないので、ほぼ勝てるはずもない無謀な挑戦。
それでも、去年このご夫婦のコンディションがよくないという時に、試合させていただき勝たせていただく。

試合はここで書くこともない。
あっさり負けました。
それでも、フォームに関して忘れていたことを思い出したような気がする。
目標をしっかり見ること。
見ているところにダーツが飛ぶ、見ているところにバウが刺さる。
これってカヤックのクルクルと同じですね。
アイコンタクト!

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゲームの実力はマシンのせいじゃない。 [ダーツ]

地元でダーツ。
時間は午前4時。
対戦相手はイタ飯屋のオーナー。
腕は五分。
2人ともハウスダーツで投げる。
僕は練習もせずに試合にはいる。

練習もせずに投げ始めることでいまの自分の
実力を知りたいからだ。
対戦相手は実力のある人。

試合が始まり問題がおきた。
マシンのメンテナンスをしてないようで
ダーツがささらない。
ささらないと投げた感じがつかめない。
2人で、ささらないダーツ板を相手にして
ゲームを続ける。
お互いにダーツが気持ちよく刺さるイメージ
期待して投げるが4割程度しか的にダーツが刺さらない。
その時点でこの試合はご破算だ。
どうにかクリケットのゲームの勝敗は着けたが
面白くないゲーム。
できればお互いの実力を出し切ってゲームをしたい。

人気blogランキング


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

インブルが2本で勝ち [ダーツ]

いつもの要町のダーツバーに一人で出かける。
その前に赤ワインを1本ちょっと飲んでいる。
カウンターに座り黒ビールを頼み、千円札をくずしてもらう。
マスターに暇になったら遊んでくださいとねだる。
お客は二組。
右側のハードダーツで一人で投げ込んでいる人がいる。
4人ぐらいのグループで楽しげにg-無を楽しんでいる人たちがいる。

一人でクリケットを練習無しで投げ始める。
投げるときの視線をトリプルに合わせ、腕の方向を調節し
シャフトの羽を目線の中心にするようにして投げた。
ダーツは初めからブルに刺さる。
幸先がいい、でもそれだけ。
どうにか一人で13ラウンドぐらいでゲームを終了できた。
なんとなく納得できる2ゲーム。
それから席に戻りビールを飲む。

一人で投げていた常連さん(たぶん)が投げ込みから終わり
カウンターの席に着いた。
一服してる姿を見て、対戦を申し込む。
ハードダーツを投げているということはそこそこ投げ込んでいる人。
快く対戦を受けてくれた。
序盤からトリプルがよく入る。対戦してる相手も入った。
8ラウンドでブル対決。
点数で専攻されている為に合えなくそのゲームが
10ラウンド目で負ける。
席の戻りビールのお替りをしてリベンジを申し込む。
狙ったところに入り埋めていくのは専攻するが、
点数で20点ぐらいはなされまたブル勝負。
僕が1本、対戦した人が2本入っていた。
逆転をかけてインブルを狙う。

人気blogランキング


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

蕎麦屋で飲んでその後ダーツ [ダーツ]

昨晩はKさんと蕎麦屋で飲む。そこは夜、居酒屋みたいになっている。最後の締めは当然のようにそばを食う。その後、要町のダーツバーへくり出す。ギネスを頼み僕一人でダーツをしていた。 Kさんはそれを肴に飲み続ける。店にいたカップルとそれぞれ対戦して1勝2敗。

人気blogランキング


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

明日こそは早く帰ろう。 [ダーツ]

なんとなく忙しい。
買い物もしたいし、料理もしたいし、
寝てもいたいし、飲んでもいたい。
すべてを満たすのは難しい。

早く帰るつもりが、スタッフと新しくできた
焼きトン屋へ飯を食いに行く。
生ビールを飲む。
スタッフがもりもり食べるのを横目で見てビールを飲む。
次に行く店のことを考えている。
この店の隣がいつも行く中華屋。
紹興酒が飲みたくてしょうがない。
つまみはいつものきくらげと卵の炒め物。
若い2人が食べ終わったところで焼きトン屋を後にし
二人と別れて一人で隣の中華屋にはいる。
いつものように紹興酒を頼む。

いつもの平日の深夜のパターンが過ぎていく。
とはおもいつつ、
携帯でN君を呼んだ。
これでたぶんいつものコース。
明日こそは早く帰ろう。

先週久しぶりに要町のダーツバーに行く。
要町在住のNさんを呼び出して勝負。
時間は午前0時。
3勝1負でまずまず。
店のママさんに果敢に挑戦。
本人曰く、本日調子が悪い。
とはいいつつ、相手をしてくれる。
最初のゲームはクリケット。
そこそこで負ける。
2回目のゲームは最後にブル勝負。
うまい具合に続けて2投はいり勝つ。

人気blogランキング


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

生きていたい。ともに。 [ダーツ]

僕は人を嫌いになることはない。
軽蔑することもない。
ただ、その人を見てつらくなったり寂しくなる。
僕がその人を理解できなくなることは自分自身でつらい。
その人を理解してあげる力のなさ。
包容力のなさ。
寛容力のなさ。
どれをとっても、いい年をした大人なのにそれが身についていない。
いつまでも子供のままの自分。
ということは何なんだろう。
おばかさんなのかも。

生きていける力さえあれば、
それはそれでいいかもしれない。

いつも人に迷惑を掛けている自分。
力のない未熟な中途半端な自分。
でも生きている。
生きていることが悪なんて考えたこともある。
生きていくのがやになったこともある。
死ぬことも考えた。
でも、生きてるんだもん。
必ず死ぬ運命だもん。
人のことなんか気にすることはない。
自分の力でやれることをして、
悔いることなく、
失敗も肥やしにして、
いい友と、
いい思い出を作っていければいいのかもしれない。

そんな思い出を作れる人たちといつまでもいられると幸福かもしれない。
そしてその時間が永遠に続いてくれるといいかもしれない。
時の流れの中で人の気持ちが変わらずにいてくれるといいかもしれない。

ほんとはいつまでも人を好きでいたい。
いつまでも共にすごしていたい。

生きていたい。
ともに。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。