So-net無料ブログ作成

「虫供養の碑」ってなんなんだろう? [tsune2]

「もののけ」の虫を最初イメージしたが、虫の音を出す虫たちの「虫供養の碑」なんですね。

遊んで食べて観て泊って思いで作り!で長生村の情報を発信しています。

虫供養の碑と長生村教育委員会の看板

昭和30年の初めのころ東京の深川で育ちました。毎月5日と10日に深川不動の門前で縁日があり、夏場に虫売りの屋台があった記憶や、リヤカーを引いた虫売りを見た記憶があります。
父親にねだって「スズムシ」か「キリギリス」を買ってもらい、竹ひごでできた虫かごに入れてもらい家に持って帰った記憶があります。
その虫たちを供養するために作られたのが「虫供養の碑」なんですね。

 虫供養の碑 碑文で謡曲松虫が書かれている

この虫売りという商売は江戸時代から始まったそうで、虫の繁殖、江戸で虫を取り扱う虫問屋などがの流通ができあがり、この虫を供給しそれに関連して虫かご作りもあったとのこと。庶民の娯楽になっていた虫の音を聞くという風流が消えていく時代に、有志により大正12年(1923年)に建てられたそうです。

この石碑は長生村の指定文化財で、由来が書かれた看板が横に立てられています。
碑文はまだ判読できます。

虫の死骸が虫供養の碑の下に置かれていた。

今でもしっかり虫供養の習慣が残ってるんですね。

虫供養の石碑の下に虫の死骸が置かれていた

長生村産業課の資料で「長生村 六兵衛の虫籠」があるそうで写真が掲載されています。
※城西国際大学 情報メディアが作っている「九十九里地域13市町村 観光情報」サイトにあります。
 
先日村の公民館へ行ったときに「長生村歴史資料室」があるのに気が付きました。
改めて村のホームページを見ましたら「郷土の歴史・文化を知る上で役立つさまざまな資料が展示」と書かれてますので見に行くことにします。
長生村ホームページ 長生村中央公民館「長生村歴史資料室」
詳細問い合わせは、長生村生涯学習課 0475-32-5100

長生郡長生村岩沼(JR外房線八積駅から徒歩10分)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

九十九里有料道路の休憩所で千葉の落花生を満喫 [tsune2]

太平洋が一望できておみやげも買える!今回紹介するのは落花生

遊んで食べて観て泊って思いで作り!で長生村の情報を発信しています。

九十九里有料道路 一宮休憩所

一宮休憩所から望む太平洋は水平線が広がり、有料道路は北は片貝から南の一宮まであり、一宮出口手前に休憩所があります。
有料道路を走ってきて改めてゆっくり九十九里の海をご覧ください。
千葉特産の旬なお土産がここで買い物ができます。今のおすすめは、落花生と青海苔です。



落花生はいろいろな種類があり、甘党好きの人には羊羹、つまみに最高の茹で落花生、トーストに付けて美味しいバターピーナツといろいろあり、自宅用にもおみやげ用にもおすすめです。
休憩所に入るとまず右側にピーナツがずらりと並んでいます。

休憩所に入ると目に入るのがピーナツ
落花生
皮付き落花生
甘い皮付きのピーナツ
落花生 煎餅
落花生 羊羹
落花生 洋かん
ピーナツみそ
ピーナツバター

千葉県道路公社
九十九里有料道路一宮休憩所
〒299-4327 千葉県長生郡長生村一松445-1‎
0475-32-3452
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スマートフォンで九十九里有料道路一宮休憩所の地図を見る


より大きな地図で 長生村の見どころ、お得なところ、などなど を表示
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

長生村一松海岸の初日の出と怒涛いなさ太鼓を動画で見る [tsune2]

初日の出は雲に隠れて水平線から昇るのは見られなかったが、少しすると雲の間から日が輝いた。

遊んで食べて観て泊って思いで作り!で長生村の情報を発信しています。

動画編の初日の出

前日の予報は晴れ、夜雨が一時降りこの時間はあいにくの曇り空、初日の出を見るのは無理かと思った。
海岸には大きなたき火が2か所焚かれ、「怒涛いなさ太鼓」は暗いうちから子供たちで始まり、日が昇るタイミングで若い人たちの「怒涛いなさ太鼓」が波打ち際で始まった。
大勢の人たちが初日の出と「怒涛いなさ太鼓」を見ていた。


MACで動画を見れないかたはこちらのリンクで見てください。
MACで動画を見る。


暗いと全く映らないビデオカメラでしが、。日が昇りだしてやっと撮れました。
暗いときも対して写らないデジカメですが枚数がありましたので動画にしてみました。
こちらのページでご覧ください。
スマートフォンで長生村に一松海岸を見る


より大きな地図で 長生村の見どころ、お得なところ、などなど を表示


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

寒い日は続きますね、まだ寒くなるか・・・ [tsune2]

熱すぎるのもいやですが、寒すぎるのも困りもの。

先月から初めた情報サイトつくり、なんとなく形になってきました。
個人の自腹作業で商業化してませんので、時間とお金に限界があるので
いろいろなところをすべて回ることができませんができるところから進めています。

手術後、時間が経ちましたが体調すぐれず、仕事は開始できませんがこれならできます。
もちろん食べるところだけではありませんよ。

食べ物屋さんにいろいろ行きたいと思っても、腹の調子とかいろいろあってうまく進みませんが、
トンカツ屋さんを二つ紹介できました。

とんかつ・肉料理SAKURA
西部劇に出てくるような店構え、トンカツ・肉料理SAKURA
http://mura-de.info/?p=1086

淡いピンクの外壁にブルーのラインが決まる木造の建物がかわいらしいです。
建物正面に作られたウッドデッキや手書きの看板で最初マカロニウエスタンを思い浮かべてしまった。
看板を見るまでは何のお店かわからず、この道を通り越していたと思います。
一宮から一松海岸方面へ車で移動中、道路に面した看板に気が付き「とんかつ」
という文字が目に飛び込みます。・・・・・

初めて伺ったときにカメラの電池切れで、ランチのロースカツ定食をいただきました。
お肉のボリュームがあり食べごたえがあり、満腹になってしまいました。
齢なのか、最近重いものを食べるとそのあとの食事で進みませんが、
眼だけはあれやこれや食べたがります。

日を改めてちゃんとカメラの充電をしてうかがった。

その日もランチのロースカツ定食を食べた。
食べれちゃいますが、満腹感が継続して夜食欲がありません。
胃が細くなりだしたんですかね。
それよりは体重が増えるのを気にしてるのかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

常連さんの心を癒し、もてなす とんかつ
とんかつ処 風生庵
http://mura-de.info/?p=101

完全予約制とあって、予定を立てないで行動している僕にとり、
なかなかいけないところでした。

いままで、安くて、量がありというところから、店を選び食べに行ってたので、
お店の考えとか考えることがなかったのですが、
今回、ご主人と話機会があり、なるほどなとなと改めて考えるようになりました。

まだ訪ねてないトンカツ屋さんがあるので胃の調子を整えませんと。

田舎生活始めて2年半 [tsune2]

都会の生活と違い時間の流れがゆっくりしている。

大したことしないで過ごしていたが、首の手術かあったり、長期の安静期間、リハビリ、
お試し期間、またリハビリを繰り返していたが、最近やっと波乗りの調子が戻りだしてきた。

からだを動かさないとよくないのに気が付く。

3年前にしたかったことにチャレンジしてみたくなる。

きっかけは、リハビリ時の首にコルセットで固定して歩いていたときに思いだした。

それと、住んでいる地域をもっと知ってみてもいいのではないか。
地域の人ともっと接してみることも。

今回は、自分のスキルでゼロから物を作ってみる。
どこまでできるかわかりませんが自分を試してみたくなりました。

ということで始めてみました。


神社お寺巡り 長生村(ながいき村)
http://jinjaotera.wordpress.com/
wordpress.comの無料のブログ

住んでうれしい、ながいき村
http://mura-de.info/wp-main/
wordpressをテーマを使った地元用のNAVI

遊んで食べて観て泊って思いで作り!
http://mura-de.info/
wordpressをテーマを使った地元紹介のNAVI

いろいろな人に会えて楽しいです。
その中でベストを尽くして作っていこうと考えています。

それで、
初めて始める、どこで?
mura-de







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ちょっとフェリーの旅-2012.11.26 [tsune2]

暴風波浪警報が発令されていたので、コアアウトフィッターからの帰り道をアクアラインにするか、フェリーにするか迷う。
まだ風は弱いがこれから強くなる。
アクアラインまでは海のそばを走り最後に海ボタルを出て海上を走る。
フェリーは1時間後に出航で40分間海上を航行。



割引券があったのと旅気分を味わいたいのでフェリーにした。
出航の20分前に久里浜港に着くと雨が強くなりだすがまだ風は強くない。

乗船して展望室で出航を待つうちに風がだんだん強くなる。
湾からフェリーを出た途端、揺れだすが大したことはない。
半島から離れていくと南の風が急に強くなる。
前方が見渡せる大きなガラスに打ち付ける雨脚が強くなり視界が利かなくなった。
フェリーは進路を南東寄りにとって進み、カヌーで川をフェリーグライドで横断するように進む。

3階のオープンデッキへ上がった。
南からの強風、右舷に行くと飛ばされそうなほどつくいのでブリッジの陰になる左舷からダウ画を撮り船室に戻った。

左舷寄りの席に座った。
荒れた海面には2mぐらいのうねりが押し寄せ北へ向かう。
高低差のあるうねりを越えるときフェリーは弾んで船体が軋む。

子供のころ伊豆大島へキャンプで遊びに行ったことがある。
台風が接近していたので予定を変更して帰ったが、外洋の波はピッティングとローリングが激しかった。
船乗りならば普通の航海かもしれないが一般人にはきついものだった。
それと比べると東京湾内なので揺れは大したことない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

家で15%の節電ができた [tsune2]

電気料金領収書の詳細欄に去年と同じ時期の使用量との比較があると報道されていたが、
先月まではそんな表記はなかったが、今月の詳細欄の中にやっと比較した文章が表記してあった。

去年の今頃は首の症状が進んだせいで家に引きこもり完治させようと覚悟を決めたころ。
どうしても日中エアコンをつけている時間が多かった。

今年は手術後徐々に体調が戻り、新たな仕事に挑戦しだし、
日中のエアコンの使用がなくなったのと、夜は扇風機で過ごし、
使わない家電はコンセントを抜くという節電を実行した。
結果、15%の節電ができてました。

逆に、この暑さで汗をかくせいで洗濯ものが増えてしまい水道料金が上がっている。
それに輪をかけたのが朝夕のシャワーと、屋外の犬小屋の掃除。
両方とも朝夜にしてる。
もちろんLeeにも水シャワーをしてあげます。
熱いですからね。
これだけは変えられません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

津波から1週間 [tsune2]

いまでも、玄関には車に積み込む避難用の荷物が置いてある。
大きく揺れた後は思わず荷物をまとめてしまう。

津波から1週間。



九十九里海岸にも津波が来た、北側と南側では被害が出ています。
ここ一松海水浴場は、海岸沿い土堤の防潮堤の低い道路から
300mぐらいの内陸まではいりこんだ。
我が家は海から1キロちょっと。

土堤の中側には防風林がありまたその中側に防潮堤のように高くした有料道路があり、
そこのトンネルから津波が入り込んだようです。

舗装道路は砂でおおわれていたが昨日の作業で撤去されていた。
道路横のU字抗は砂で埋まっていた。

F1000233.jpg

トンネルのコンクリートの地面から70センチぐらいのところに白い筋がついていた。
そこで津波は抑えられたようだ。

土堤は津波に洗われてそこらじゅう削られていた。
いつもならすぐ海岸に出られるところが崖みたいに浸食されていた。

海岸沿いの海水浴場の駐車場は最近舗装されてきれいになっていたが
砂が覆い尽くしていた。

昨日より夏の観光のために重機が入り砂を取り除いていた。
舗装された道路の一部でアスファルトがえぐられていた。

F1000232.jpg

大潮の引き潮のわりと穏やかな海。
当分この海で遊ぶ人はいない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

輪番停電が始まりますね [tsune2]

村の有線放送で輪番停電の緊急放送を繰り返し拡声器で流している。

朝は6時半から9時20分まで、
夕方は5時から8時ぐらいまで。
これは時間が今後多少動くと思われるし、そして当分続く。

暖房がダメですね。
オール電化にしてないので料理はできる。
プロパンなのでガスが止まるということはない。
ノートパソコンで照明代わり使えるが、ネットはできない。

療養中で引きこもっている生活なので不便ではないけど
実家は浦安で、水道が止まっていて木曜日には修復するらしい。
姉が仕事の合間に行ってくれてるので助かった。

これからの生き方が、日本人として大切な時かもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ここは被害ありません。 [tsune2]

今回の災害で亡くなった方のご冥福お祈りいたします。


早朝、Leeと一緒に海に行きました。
朝は風もなく、波もなく静かな海でした。

夕方の散歩に行こうと思いましたが、
大きくなったLeeの外用の犬小屋が宅急便で届くのと
柵をホームセンターで買うので、夕方の散歩は取りやめて買い物に出かけた。
帰りの運転中に地震がおきた。

歩道とセンターラインのない田舎道、タイヤがバーストした時よりもハンドルをとられた。
通り沿いの電柱と電線が激しく揺れていた。
空き地に車を止めた。
車が激しく揺れていた。
その時民放のラジオは対応が遅れていた。
NHKがしばらくすると災害時の警告音が始まる。

50mぐらい先の民家から何人も飛び出してきていた。
ラジオの状況だとよくわからないのでその家まで車を走らせて
家のそばに車を止めさせてもらう。
ゆっくりと大きく揺れている。
そこの家の人がテレビをつけて地震の速報を見てくれた。
揺れが少し収まったので急いで家に帰る。
村の有線放送が運転していると聞こえた。

家の中を確認したが問題は起きてないようだ。
急いでテレビをつけると大津波警報が出ていた。
また優先の避難勧告が出ていた。

犬を中心に荷物をまとめていた。
その時また地震が来た。

普段から備品を用意してなかったですね。
反省。

今まで他人ごとと思っていた避難場所へ車を走らす。
車に入れたゲージにLeeを入れると吠えだして止まらない。

小学校の校庭に車を止めて避難した人たちと雑談。
津波の兆候が起きたと放送された。

Leeを車から出すとみんなから人気があった。
人の心がなごむようです。

雲行きが急に怪しくなる。
不吉な気がしたので避難場所から離れた。

急に暗くなり出し大粒の雨が降り出す。
車の中にLeeをこのまま置いておけないので、
ここより海から離れて安全な動物病院へ行った。
先生と相談して1日預かってもらうことにする。

それから近くのしりあいを訪ねてお茶をいただきながらテレビを見た。
状況がだんだんわかってきた。
主は都内より戻れないようだ。

買い出しして家に帰ることにした。

まだ警報が出てますが家のそばの田んぼが警戒ライン外ということで
ご近所の方たちは次の揺れまで自宅待機ということで家に帰りだす。

家に帰りテレビを見て状況を把握しようと思っても相手が津波では予測もたたないので
村が用意している保健センターが避難所になっているので行ってみた。
一人より何人もいるほうが安心なのと、リハビリのオーバーワークで首が重くなる。
毛布をもらいロビーでテレビを見ていたら転寝をしていた。
1時を過ぎていた。
職員の方に聞いて2階の仮眠室へ案内してもらい6時ぐらいまでぐっすり寝た。
絶えず小さな余震があり、体が慣れたようだ。
やや寝不足。

家に帰り、テレビを見ながら食事をした。
近所の人たちはほとんど家でひと夜を明かしたみたいです。
お隣のご夫婦は仕事へ出かけた。

津波は海底の地形や海岸線の向きなどいろいろな要素で
この一帯は被害はなかった。
多分。
Free Waveを見に行く。
しみとしさんは東京から戻ってすでに様子見で来ていたようです。

昼ごろから、洪水対策用に家の中をかたずけ手あったので元に戻す。
車に積んであった荷物を元へ戻す。

午後になり大津波警報が津波注意報になったのでLeeをひきとりに行けるよう
少しずつ大きくなっていますので部屋の模様替えもした。

自分から車に乗り込もうとするがドアを閉めた途端吠えて暴れ出す。
今回はゲージに入れないで助手席に座らせて左手で押さえて運転した。
これだと少しは静かなので運転に集中できる。
この繰り返しで静かになるかな。

地震が少しずれていたら、海から1キロちょっとの家まで、
津波が押し寄せていたのかもしれない。
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。