So-net無料ブログ作成

ただ、とりとめがないのが夢、それで覚めても夢なのか [夢]

段取り悪くて徹夜仕事。
前みたいに無理がきかないです。
朝方になると半分寝てた。
これはだめですねと仮眠。
事務所の床で寝袋で寝てしまう。
目覚ましではすぐ起きれず人は来て初めて起きる。
3時間は寝てたな。

何度か目が覚めるが、不思議なのはちゃんと夢を一杯見て寝ている。
夢が寝るのを待ってましたという感じで次から次へとつながっていく。

夢の中にも人がたくさんいる。
見たことある人もいれば見たこともない人も。
だいたいじっくり夢の中の人を見てることがないが、
自分にはその人たちのことが分かっている。
そしてその人たちがPCゲームのシムシティのように動き回る。
自分の家もいつも違う。
実家だったりするがそれもいつも違う。
夢の中のぼくはいつも落ちこぼれです。
この年になっても勉強が出てきて試験もある。
それを前にして夢の中で居直ったりしている。時には逃げ出したり。
尽きることのない話が続いていく。

なぜかこれほど乗っている、カヤックは夢には出てきませんね。
スキーもほとんどない。
車に乗っていると途中から自転車になっていてその後歩いていたり。

僕の夢は色付きで時に食感がある時もある。
それににおいを感じた時もあるがそれはまれだ。
寒さや暑さはほとんど感じないが、
景色が突然雪景色なんてことはある。

ただとりとめがないのが夢。
それで覚めても夢なのか。





ブログランキング



人気blogランキングへ



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

初夢で自分を知る [夢]

新年早々、運動した後の3日後の痛みにへこんでおります。
楽しいスキーでしたが、体がやわになってますね。
昨日の1日はCSの映画を3本ほど見て、
お雑煮でもうどんでも食べられる味の、鍋いっぱいのスープを作り
それを食べて食っちゃ寝の1日。

ブリと鶏肉を入れ、味は薄味。
年越し前の1時間半前、スキーの帰り道24間あいているスーパーで買い物した。
白菜が売り切れていて代用品で玉ねぎをいれたのでやや甘いですね。

初夢はどれだったのか?
夢はなぜか、時代背景はどう見ても今なのに、
自分が子供で勉強で苦労していたり、
見たこともない学校で、なにやらやらかしている事が続く。
子供の頃といえば確か受験勉強に追われていて、
その合間にかろうじて遊びがあっただけかもしれない。
今の時代の子供たちもそうなのかな。

ということで、初夢は勉強嫌いの僕を思い出した夢だった。
勉強は今も嫌いです。
努力するとか、積み重ねも苦手でした。

できるようになることの喜びとか、楽しさは目標自体で変わるし、
生き方や付き合う人たちでも変わる。
価値観自体も変わる。

52歳から始めたフリースタイルは何処に目標を置くのか。
週末、2日するのがやっとだがそれすら難しくなっている。

体の関節痛とか通院と様子見をしながらの練習で一昨年から去年中ごろまでは
嫌いな努力と積み重ねで練習したが、突然起きる目眩とかは病院の精密検査でも
理由がはっきりせず結論が出ないまま。
完治させるといっても方法もわからず、仕事への影響が起きてくると、
気持ちだけははやるが、体がますます動かない。

そんなときに、子供の頃からの怠け癖がよい方向へと僕を導いてくれる。
気楽に自由な気持ちになり、違うことをすればいい。
好きなことに縛られることはない。

いろいろなことを通して、自由に遊べばいいや。
ということで去年の半年間は過ごした。

いつかできればいいや、というアバウトな気持ちでのんびりやりましょ。
という気持ちをもてるように、やっとなった気がする。


ブログランキング

人気blogランキングへ


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

夢なんて見なければいいと思うが [夢]

いつもの時間に起きる。
何かいつもより目が覚めない。
理由は、まだ夢から覚めないからだ。
毎日のように寝ているとき見る夢。
見ないことが無い。

夢の世界の僕は、現実と変わらないときもあるし、
別の人生を歩んでいることもある。
夢だから、多次元ぐらいのゆがみのある世界かもしれない。
時間は超越して、夢の中で時が流れる。
季節は夢の中ではすべて同居している。

雪が豊富でスキーができるリゾート施設に僕がいた。
ショッピングをしている人たちがたくさんいて、
僕は板や靴をレンタルしていた。
夕方のゲレンデに出てリフトとか見てリフトに乗っていたのに、
車に乗り山道を走っている。
山はだんだん荒れた岩肌が剥き出しの瓦礫だらけ。
旅館らしいところで車が止る。
夢の中でその場所が俯瞰できる所にいて周りを見回す。
温泉宿のようだと思いつつ中に入る。
子供のころの僕や、亡くなった人、子供のころに会った人、
いろいろな人が出てくる。

夢は延々と続く。

何で、夢は目まぐるしく展開していくのだろうか。
見たような景色もあるが、はじめてみるような景色が目の前に広がる続いていく。
でも夢の中の僕は、そこを知っているようで僕は夢の中をさまよう。

目覚まし時計で目を覚ます。
もっと寝ていて夢を見続けたい。

何か変な感触のイメージだけが頭に残り目が覚めていく。
そしてほとんど夢を覚えていない。

ならば、夢なんて見なければいいと思うが、
寝てしまうとまた夢が広がる。

人が寝静まる中、自動販売機は狭い路地を明るく照らす。
街灯よりも明るく。
こんな路地だと一人も買わないかもしれないが1日中裏路地を明るく照らす。
夢の中に出てくるようなところだ。

自販機を設置した人には売り上げとかあるのかもしれないが、
考えてみるともったいないね。

さてと、御岳へカヤックのりに行きましょ。


ブログランキング

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ひたすらのんびりと [夢]

寝ているときに必ず夢を見る。
多くの人と同じように起きるとほとんど見ていた夢を覚えていない。
それでも時々、夢の中のことを思い出すことがある。
夢の世界は時間を超越した世界だ。
子供のころの断片的な記憶が鮮明に出てきたりする。
それが小学校の校舎だったり。
同級生だったり。

夢の中のことゆえ、見ていた夢の中の建物、人もすぐ消え去り、新たに登場してくる場所や人もどんどん変わる。
過去と現在が混沌としてボーダレスになる。
急に今の仕事先の人が出てきて、仕事に追われだしたり、
今度は受験勉強に追われていたり。

そんなわけのわからない夢だが寝だすと延々と続く。

映画も飽きて冷凍室に買い置きしてあったステーキ用のオージービーフを解凍してカレーを作り出す。
1グラム1円の肉だ。
カレーはいつものように鍋を二つ出して、味の違うものを作る。
一つは一般的なビーフカレーで、もう一つは野菜カレー。
野菜カレーの味に変化を出してみようと思い、炒めず初めからぐつぐつと煮込む。
それにりんご酢とチリソース、ブイヨンを加える。
それを食べた娘が、皿に酢でも入っていたかと思ったとか言い出す。
早く言えば失敗したようである。
酸味を出すとしたらヨーグルトがいいのかな。

こんな過ごし方で連休最後の夜はふけていき12時過ぎには寝る。
この時間に寝るとまたたくさん夢を見ることができる。

もらい手が見つかりそうなので子猫の写真をアップ。

チビG改造続き



土曜日の午前中にGホースのシートをウレタンで高くした。
バックベルトを取り付ける。
試乗でバックベルトがやたらとずり落ちると思ったら天地が逆だったので後から直す。
3箇所に穴おあけてひもを通して、バックベルト落ちないようにする。
来週はウレタンを削りもう一度フィッティングの修正。

痛めた肘が気になり、土日は完全休養日にしたので、肘の痛みはほぼなくなっている。
取れた右足の親指の爪に変わり、新しい爪が硬くならないと痛くてスピンもできないので、
新しい爪が早く硬くなるのを待つしかない。

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

磨り減ったシャンソンのレコード [夢]

遠い過去、といっても僕が二十歳そこらのころ、擦り切れるほど聞いたレコードが2枚ある。

そのころ初めて恋をした僕は有頂天になっていた。
その恋もすぐに失恋へと変わり、すぐに酒びたりの生活をしだした。
生活はどんどん荒れていった。
行っていた学校も辞めてしまう。
今で言うフリーターみたいな生活が始まる。
一人で高円寺や吉祥寺をぶらぶらして、ブルースやロックを聞かせる店へ通ったりとかしていた。
店では2杯ぐらい水割りを飲んでタバコをふかし、アルバイトの店員がかけるレコードを聴いて、家に帰るだけの生活。
当時は浦安に住んでいた。
その時、一人の大人の女性と知り合った。
知り合ったというより店を出て中央線のホームで電車を待っているときに、客できていたその女性に出会った。
話もせずにそのときは離れた車両に二人は乗り込んだ。
途中、中野の駅で東西線に乗り換えるがお互いにその時も離れていた。
終電間際の始発、車内はがらがらだったが、都心部を過ぎるころには終電が近いので混み合ってた。
電車を降りて改札へ向かって歩いていると僕とその女性はまたそこで出会った。
話をすることはなかった。
その後も数回その女性と同じようにして会う。
あるとき思い切って声をかけてみた。
最初ストカーにでも間違われたところもあったが、後に笑い話になる。
吉祥寺から浦安までは電車に乗ったとしても距離がある。
お互いよく遠く離れた吉祥寺のブルースをかける汚い店へ行くもんだとか話しをした。
それから、ブルースの店以外のところにも二人で出かけた。
僕はいろいろな話をその女性とした。
ある日、その女性が1枚のレコードを僕にプレゼントしてくれてこんなことを言った
「君はそのレコードを聴いたほうがいいよ、今の君の感性に欠けているものがわかるかもね」
それからしばらくしてその女性とは会わなくなる。
そのレコードが僕を大きく変えていく。
レコードの題名は覚えてない、自宅に帰ればレコードがまだあると思う。
歌手の名前はシャルル・アズナブール。
ジャケットもうろ覚えだが、とりあえずamazonで探してみたが、もう杯盤のようなのでCDにもないようだ。
最近のコメントを見ると年齢が84歳ぐらい?で声がしゃがれているとか書いてある、そのころの声はすごくきれいな声だった。
その歌声が僕の心を打った。

そのころ僕はフレンチポップスといったら「アイドルを探せ」のシルビーバルタンとミッシェル・ポルナレフぐらいしか知らない。

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

さめてよこの悪い夢から [夢]

具合が悪くても体調が悪くても長時間寝てられない。
ひとつは腰が痛くなるから。
もうひとつは寝てて、夢を見てるのが疲れるから。
寝ると必ず僕は夢を見ている。
説明するのが難しいほど見る夢は毎回違う。
5分おきに鳴る、目覚ましの間にも違う夢を見続ける。
夢の中で、僕だったり、他人だったり、子供だったり、過去のことだったり。
夢を見ていてその夢の続きや展開がまるでわからない。
行ったことがないところだと、寝てる自分に夢がどこにいるのか言い聞かすように
なぜか立体的な日本地図が出てきたり。
今いるのが軽井沢でこれから長野へ移動して、次にどこにいるのかわからない
展開とかで脈絡がない。
もう少しわかるとこにしてよ。
体調が悪いときは特にへんな夢ばかり。
この時間に起きているのは熱風邪で寝ていたいのですが、
つまらない夢(もう覚えてないし、たぶん熱でうなされた感じの夢だね)で
不本意ながら起きてしまい、見なければいいメールを読んでいるうちに頭が冴え渡り
普段起きている時間帯になってしまった。
熱風邪を治して明日から川で遊びたいのに。
明日はだめでも、日曜日には何とかしたい。

さめてよこの悪い夢から。

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

でも夢を見たい。 [夢]

早起きが苦手。
いつまでもぐずぐず布団の中にいたい。
夢の続きを見ていたい。
起きちゃうとその夢をすぐ忘れちゃうからね。
寝てるときはすごく意味があるようなんだけど、
起きると何のことやらわからない。

10分おきになる目覚ましにそのつどおきてベルを止めて、
あと10分といって寝てしまう。
この10分間の夢の濃いこと。
この目覚ましも30分過ぎるとならなくなる。
そうするとこの3回の目覚まし音のカウントを間違えると
当然のように寝坊になる。
最近、これが増えている。
もっと、自分に厳しくしなくちゃいけないね。
それに朝方の仕事も増えてきた。
でも夜更かしをやめられない。
そうすると、夢を見てる時間が少なくなる。
疲れも取れないしね。
でも夢を見たい。


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。