So-net無料ブログ作成

さばのみそ煮と水煮を使った炊き込みごはん [レシピ]

上大島の園遊会で食べたふみさんの炊き込みごはんうまかった。
ということで、家で炊き込みごはんを時々作るようになった。

材料を用意してご飯をセットするまで20分。
後は炊き上がるのを待つだけ。
お手軽ですね、一度の失敗に懲りないで3回目でどうにかそれらしくなりました。

1回目は鶏肉を使った炊き込みごはん。
冷凍しておいた胸肉を使った。
お米の量は4合。

胸肉1枚、わりと小さめにカット

野菜は冷蔵庫にあったものを使用。

えのき:一袋
かぶの葉っぱ5株部分の葉っぱ全部、細かく切る。
ニンジ:半分

鶏肉とニンジンをみりん、しょうゆ、砂糖、酒、醤油、
カツオ出汁のもとで味付けする。
研ぎ終わって適量の水を入れて、味付けした鶏肉とニンジンを乗せて
その上にかぶの葉っぱとえのきを乗せる。

後は炊飯器を炊き込みご飯にセット。
炊き込みご飯にセットするとするとゆっくり炊き上がる。

とりあえず食べれました。
それと、炊く時の水の分量を減らした方がよかったかもしれない。
どうしても野菜から水が出る。
__________________________

2回目、Free Waveの帰りに買ってきたさんまの缶詰二缶を使う。
銚子のメーカーが作ったもの。

野菜は同じく冷蔵庫にあったもの。

今度や直接炊き上げる前のお米の上に具をのせる。
醤油、みりん、カツオ出汁のもとなど適量を入れる。

出来上がりはサンマということでやや魚臭い。
さんまのみそ煮を使ったので炊き上がったご飯の色が
濃すぎました。
味はまあまあだけど、見た目の色に失敗。
それと匂いが猫が喜ぶようなにおい。
生姜とネギを入れた方がいいかもしれない。

今回も水の分量ミス
__________________________


3回目、サバのみそ煮と水煮を一缶ずつ。
前回の見た目の色の失敗を水煮を入れることで解消。
サバ缶の方がさんまより臭みが少ない。
缶詰から出したサバをつぶし、そこに味付けをする。

直接研いだ米の上にサバ、ニンジン、葉っぱもの、きのこの順で乗せ、
最後に醤油をさらっとかけておしまい。

そして炊き上がりを待つ。

今回も炊く時の水の分量を考えないとだめですね。
葉っぱから水が出るんですね。
やわらかめの炊き込みご飯です。
僕はこのぐらいのが好きです。

見た目の色はほどよい感じ。
香りがみそ煮と水煮がうまく調和したようで、
炊いている時もいいにおい。

炊きあがったところでおへらで具をよくご飯に合わせる。
味見しましたぐ~~とです。

起きてきた娘にすすめると2杯も食べていた。
ブログランキング

人気blogランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

鶏肉とジャガイモのチリソース丼 [レシピ]

家に帰ると、娘作の豆腐とわかめの卵スープが作ってあった。
味付けは鶏がらスープの粉末。
具が少ないのでおかずにはならないので1品作ることに。
今回の料理も、あるもので早く作ることを目標。

鶏肉とジャガイモのチリソース煮
4人分作る。

胸肉2枚:6ミリぐらいにスライスする。
長いスライスになる。
それと味がしみ込みやすい。

ジャガイモ4個:よく洗ったジャガイモで皮をむかないで
これも6ミリぐらいにスライスして千切りにする。
このぐらいにしないと煮込んでい形がなくなる。

長ネギ1本:これしかなかった。あればもう1本使いたいですね。
1センチぐらいの輪切りにする。

きゅうりを3本:色味を添えるのに入れる。歯ごたえもいい。
ピーマンとかにんじんとかほしかったが無かった。

材料はこれだけ。

フライパンの底に十分オイルがいきわたるぐらい油を引く。
テフロンのフライパンそろそろだめですね。

最初に鶏肉を入れて表面の色が白くなるまで炒める。

次にジャガイモを入れる。

サラダオイルが少ししかなく、フライパンに肉やジャガイモが
張り付いて焦げそうなのでオリーブオイルを足して使う。
残りの野菜を入れる。
強火で炒める。

サラダオイル買ってきて!

ジャガイモと鶏肉の色が変わってきたら味付けをする。
塩を4つまにぐらいかな、後で味の調整は出来る。
コショウはやや大目ぐらいの感じでふりかける。
強火のまま。

この量だとフライパンに一杯になり火もとおりにくい。
フライパン返しで混ぜるがジャガイモが外にはみ出して落ちる。

日本酒、みりんをそれぞれカップでカップ半分以上、
それと水をコップ2杯弱ぐらいいれる。
強火のまま。

ここでチリソースを入れる。
辛いと感じられるぐらい、お好みで入れる。
よくなじませてから、ふたをして蒸し焼きにする。
そこで中火に落とす。

汁が多くなっているのでぐつぐつしている。
時々、中をかき回す、汁になじませる。

5分もすると十分火も通っている。
ジャガイモが柔らかくなっていて、汁に少し溶け出している。
鶏肉からも出汁が少し出る。
盛り上がっていたフライパンの中身は三分の二ぐらいまでる。
これは結構な量です。
ここでごま油を入れて香りをつける。

最後にもう一度、塩、コショウ、チリソースで味の調整。

ふたを取って2~3分炒めれば出来上がり。
30分ぐらいかかったでしょうか。
ジャガイモを切るのに時間がかかりましたね。

チリソースは業務スーパーで買った大瓶でなかなかなくなりません。
ジャガイモの安売りを買ってきたが、なかなか減りませんでした。
気がつけば芽が出ているのでたっぷり包丁で芽をそぎ落とす。
今回初めてジャガイモの皮をむかないで料理した。
出来上がると千切りの両サイドのアクセントになっているのと、
皮のせいで煮崩れが少なかった。

出来上がりを、炊き立てのどんぶりご飯の上にかけて食べた。
まあまあの出来上がり。
汁もたっぷりかける。
ジャガイモの甘みとチリソースの辛味がとてもいい。

娘二人が、ジャガイモがうまいと評価してくれた。
一人ダイエット中で小食。
遅く帰ってきた息子が少しだけ食べるといって結局食べている。

フライパンには四分の一ぐらいしか残らない。
明日家に帰ったらなくなってますね。






ブログランキング



人気blogランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カレー鍋 レンコンがポイント [レシピ]

朝から鎮痛剤を飲むのをやめてみた。
早速、歯が疼きだす。
WIZNATUREの仙人がほっぺたを腫らしていたが、一度そこまで腫らさないと
処置のしようがないのかな?

日曜日から今日までカレー鍋もどきに始まり、毎晩家に帰ると
このスープがいろいろ化けてとりあえずカレー味の「もの」が続いていた。
チリソースを入れ過ぎたせいでやたらとピリ辛で辛くて頭から汗をかく。
と思っていたら今晩もカレーだ。
でも今日は事務所の忘年会をインド料理店ですることになっている。
僕はマトンカレーが好きなので、たぶんマトンカレーを食べるでしょうね。

今日は午後から新しいメガネ作り、左目のぴくぴくはこれで改善されるのだろうか?
だんだん疼きから痛みに変わりだした。
やっぱり鎮痛剤は飲むかということでレシピ。

○カレー鍋 レンコンがポイント

 家にある一番大きな鍋を使いました。
 ※そばやうどん、スパゲッティを茹でるときに使ってます。
  大きな土鍋より大きいかもしれませんね。

濃厚な味を出すには、家にある香料はすべてたっぷり入れましょう。

・家にあった香料
 我が家は、単身赴任先に子供が3人転がり込んできて早2年。
 どこかの大学の寮の様相がありで家庭らしさがありません。
 それぞれが好きな香料を買ってきています。

小さじとか大さじなんか家にはありませんので
ぱっぱと気分で入れますが、このぐらいということで
表記として使いました。

コリアンダー 大さじ1
ターメリック 大さじ1
あらびきブラックペパー 小さじ1
ホワイトペッパー 小さじ1
ガラムマサラ 小さじ1
シナモン 小さじ1
クミン 小さじ1
ターメリック 小さじ1
ナツメグ 小さじ1
ブイヨンの元 2個
デミグラスソース 50ccぐらい
チリソース、大さじ10以上か??(これが超辛い原因になる)

野菜

・レンコン(これが目玉です、歯ごたえがいいです)
 2~3センチぐらいにぶつ切り。
・えのき2袋
 よく水洗いしてください。
・たまねぎ 1個
 適当な大きさ。
・にんにく 3片
 太目のスライス、食べたくない人がいるので取りやすくしてます。
・大根 1/4ぐらい
 スティックにカットして4センチぐらいの長さ。
・古くなったきゅうり2本(これが意外といい)
 つい冷蔵庫で忘れられた存在で、生で食べたくないきゅうりです。

鳥の胸肉

・2羽分使いました。
 スーパーで売っているパック売りを使いました。
 適量の大きさ。

油揚げ2枚、豆腐1丁

 鍋らしさを出すので入れてますが、
 豆腐は最後に入れます。

牛乳

 180ccぐらいかな、辛いのでまろやかさを出すのに入れました
______________________________

シナモンを入れてみると香りがいいですよ!
カレー粉がなくても、何となくカレーになります。
普段からカレーのパッケージに書いてある表示の香料を買っとくといいです。
色にこだわるときは、ターメリックを入れればいい。
どろっとした感じを出したければ、玉ねぎとえのきをしっかり黄金色まで
オイルで炒めておけば、それだけでスープに度六とした感じが出ますが、
今回は鍋なのでサラッとした食感を出すのに、最初から鍋に入れて煮ました。
煮込んだ時間は15分。
幾分、レンコンが硬いかなというぐらい。
豆腐は最後の3分ぐらい前で入れます。火を止めても余熱で熱くなります。

家に帰り米を磨いで炊飯器にかける。
炊き上がるまでにおかずを作るので、時に入れる材料の順番は問いません。
正味40分以内が僕の料理作りの基本です。

水は鍋の大きさにより違いますね。
もちろん材料も食べる人の数で変わりますね。
上記の材料は4人で数日分ですが、後から材料を足して行きますので
スープさえ残れば、材料を足すことで新カレー鍋が出来上がります。
スープの味もだんだんと濃厚になります。

ということで、スープが多くてもいいのです!
多ければスープだけ他の鍋に移せばいいと思います。

以上がカレー鍋でした。


ブログランキング

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジャーマンポテトでも、ドライカレーでもないよ [レシピ]

前日、ジャガイモを5個ほど半分に切り皮ごと茹でておいた。
そのうち1個はそのまま食べて残り4個をどうするか迷う。
牛のひき肉があったのでこれで何か作りましょ。

ジャーマンポテトでも、ドライカレーでもないよ  
ジャガイモが少なくて、カレー粉が多いとドライカレーになりそうだ。

レシピ 茹でたジャガイモ:4個
デミグラスラスソース:チューブに入っているものたっぷり使います。
玉ねぎ:1個
※適当な厚さでスライス
しいたけ:4個
※適当な厚さでスライス
もやし:一袋
※これを入れると歯ごたえがいいですしボリューム感が出ます。
ラード:大きなスプーン山盛りぐらい
サラダオイル:大匙1杯以上入れたかも。
※ひき肉からも油が出ますのでほどほどでいいですが焦げ付かないように。
 塩:味見しながら濃いぐらいに入れる。
 カレー粉:色と風味をつけるぐらい。
※他に何か野菜があれば入れてください、しいたけ以外でもいいと思います。
 あるもので作れる。
※デミグラスラスソースの変わりにハヤシのルーでもいいね。

1:塩をふたつまみぐらい入れて茹でる。
 湯ていると皮がはがれてくるのでそのころが茹で上がり。
 茹で上がると簡単に指で皮がむける。
 茹で上がったらボールにでも入れてお玉の出っ張っているほうでつぶす。
 きれいにつぶさないで多少は塊が残るようにする。

2:牛のひき肉:200~300グラムぐらいをフライパンで炒める。
※前回のチャーシューを作ったときのラードを大きなスプーン山盛りぐらい。
 ざっと炒めて塩コショウ。カレーの粉末を多少。
※肉の色が変わるまで。肉から少しずつ油が出てくる。
 中火ぐらいですか。
3:玉ねぎを加えて炒める。
※ふたをして蒸らす。2~3分ぐらい。
 弱火ぐらい。
4:しいたけともやしも入れてまたふたをして蒸し焼き。
※ここで味が濃い目になるぐらい塩コショウとデミグラスソースをたっぷりかけて
 また蒸し焼き。5分ぐらい。
 弱火ぐらい。
※味は濃いくらいです。塩コショウとカレー粉すこし、デミグラスソースを加える。
 野菜からのスープとデミグラスソースでどろどろとした感じになる。

5:もやしがしんなりやわらかくなってきたら、用意してあるジャガイモを加えてよく合える。
※またして蒸す。ジャガイモにソースがなじませてよく混ぜて炒める。2~3分。
 中火ぐらい。
 よくなじんだら、5分ぐらい蒸し焼きにして出来上がり。
 弱火ぐらい。
※最後の味の調整をしてください。

作って食べた感想
まあ、いいんではないでしょうか。
ジャガイモさえ茹でてあれば正味20分ぐらいでできる。
ジャガイモの皮を包丁や皮むき機でむかなくて楽でした。
手で簡単にむけるので経済的、これはいいかも。
さめても油が固まるとか、硬くなるとならないので加熱しないでも
そのまま食べられる。
ウインナーやベーコンも入れてみたいな。
最後のほうでまた玉ねぎをいれてつんとした辛味を出すのもいいね。
FREE-WAVEかクロスゾーンに行ったとき作ってみよう。
________________________________

5週間ぶりの多摩川ですね、どうなっているのかな?
天気予報では週末の2日間とも雨のようですね。
また多摩川の水は濁るのかな?
水量が減っていたようなので、この雨で水量が増えてくれればいいけど。
川をよく観察したいから、日曜日のDRにはやんでほしいな。
雨が降れば、水害後という感じの川原の景色が少しは違って見えるのか?

午前中のニュースには台風なんて文字がネットに無かったのに
気がつけば台風が~~~。
関東を素通りしそう。


ブログランキング

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なんとなくチャーシュー、マトンと野菜の鍋、サトイモとえのきの吸い物 [レシピ]

仕事を終えて10時半ごろに家に帰りそれから晩飯作り。
流しにそのままになっていた食器を洗い、米を4合ほどたく、
僕と子供3人の4人分なので少し残るぐらい。
我が家はそんな時間から晩飯が始まる。

冷蔵庫をのぞくと食材が乏しい。
冷凍庫に豚のばら肉のブロック(600グラムぐらい)が凍っていたので解凍する。
深夜の即席料理なので7ミリ幅ぐらいにスライスする。
野菜室見てもたいしたものが無いので作るものでやや悩むが、
チャーシュウーでも作ることに、しょうがとにんにくが無いな。
しょうがはおろしたチューブはある。

●なんとなくチャーシュー
※このところ買い物に行ってないので必要なものが無い。

レシピ
・材料
豚のばら肉のブロック(700グラムぐらい):7ミリ幅ぐらい。
火の通しと油を早く抜くのにそのぐらい。※脂肪がやたらと多い
おろししょうが(チューブ):5センチぐらい、変は表現ですね。
砂糖:12グラムぐらい(スティックのペットシュガーしかないので1個)
塩:三つまみぐらい
かつおだしの粉末:ふたつまみぐらい
昆布のだし:12グラムぐらい(スティックしかないので1個)
みりん:カップ半分ぐらい。
醤油:大匙3杯ぐらい。
焼酎:カップ半分ぐらい。
ここで隠し味! ポン酢:カップで2分の1ぐらい
鍋の2分の1ぐらいになるぐらい水を入れる。
※アルミの鍋使用
ここまでの味加減は、濃く感じないぐらいで味の調整をする。

鍋にスライスした肉を入れて沸騰したら
用意した調味料をすべて入れる。
順番は気にしない。
後はふたをして弱火でひたすら1時間は煮込む。
途中、浮いてきたラードをこまめにすくう。
気がつくと出汁は鍋に半分ぐらいになっている、
肉は脂も抜けて小さくなっている。
煮汁もだんだん濃厚な味に変化してくる。

すくったラードが茶碗いっぱいぐらい。
これを冷蔵庫に保管しておけば、チャーハンとか焼きそばには最高。
きれいな白い固体になっている。
食事の時間が0時過ぎになるので煮込みは終了。
肉を煮汁から上げる。
皿に盛れば出来上がり。

煮汁は少し油が浮いている程度で、鍋の6分の1ぐらいに減っている。
味は濃厚でどろどろ。この煮汁で次の料理を翌日作る。

・あればあったで入れたかった調味料。
八角(中華という味と風になる)、にんにく
  ↓
※翌日の晩作りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●マトンと野菜の鍋
時間は25分。

チャーシューを煮込んだ煮汁に水を足して、
にんじん:1本、えのき:1袋、玉ねぎ:1個、
冷凍したままのマトン(400グラムの凍っていた)を入れて
そのまま煮込む。凍っている肉はそれで解ける。

水は鍋8分目ぐらい。
※前日のアルミの鍋をそのまま使用
味はできているので、薄めればそれでいいが多少は調整する。
塩を少々。
ポン酢は大匙3杯ぐらい。
日本酒はカップ3分の1
沸騰したら弱火で15分も煮込めば出来上がり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チャーシューだけでは寂しい食事なのでもう1品平行して作る。

●サトイモとえのきの吸い物
※時間は40分。サトイモ洗うのと切るのが面倒ですね。

レシピ:4人分
・材料
サトイモ:大き目のものを8個(皮を向いておおまかに形を整える)
※洗うのが面倒ですが泥つきがいい。
えのき:大き目の袋詰めを1袋。
※パックの袋にはいったまま袋ごと根元からばっさり切り、よく水洗いしてほぐす。
えりんげ:大きいのを2個、5ミニぐらいの輪切りにする。

水から用意したものをすべて入れて沸騰するまで強火で煮込む。

ここで調味料
砂糖:12グラムぐらい(スティックのペットシュガーしかないので1個)
塩:3つまみぐらい
かつおだし出汁の粉末:ふたつまみぐらい
昆布のだし:12グラムぐらい(スティックしかないので1個)
みりん:カップ5分の1ぐらい。
醤油:大匙2杯ぐらい。
日本酒:コップ3分の1ぐらい。
ごま油:小さじ1ぐらい
水はすべての材料を入れて8分目ぐらい。

何か上の料理と調味料かわりませんね。
あくまでも目見当、味見しながら調味料を追加。

弱火で15分ぐらい煮込むとえのきがやわらかくなりどろっとした感じになってくる。
それから15分弱火で煮込んで出来上がり。
チャーシューを煮込んでいるうちにサトイモに味がしみてくる。

えりんげは不思議なきのこです。きのこという感じがしません。

・あればあったで入れたかった三葉芹
core time*のカオリンが三葉芹のことブログで書いていたけど、
これを入れれば最高だね。

このところご飯の食べすぎ。


ブログランキング

人気blogランキングへ


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

鶏肉とレンコンの炒め物 [レシピ]

そういえば遊んだことかいてなかった

先週の金曜日は最近恒例の朝方までCSの映画を見てから寝る。
土曜日の昼ごろどうにか起きだしてシャワーを浴びて飯を食べる。
てなことしてだらだらと過ごしていると、FreeWaveしみとしさんから電話が入る 。
「いつ来るの」ということなので、夕方にはそちらに到着予定と告げる。
その日の晩飯は僕が料理を作らないとならないらしい。
○いちゃんが僕の料理を食べたいとかで待っているという。

何を作ろうか考えながら九十九里へ向かった。
都心部は下道を通り日本橋のそばから高速に入る。
箱崎で起きた直後の追突事故があったぐらいで小さな渋滞。
これらラッキーだった。
その後は順調に、高速を使い長生村のfree-waveに到着。
一休みして、ここのHPの管理人になってしまったので更新作業をする。

さて何を作りましょうかと、3人で話すがまとまらずとりあえず近くのスーパーに
食材とビールを買いに出かける。
出かける寸前にしみとしさんがレンコンというリクエスト。
そうすると前と同じじゃないのとか思いながらお買い物。
若い女性二人でのお買い物はいいですね。
でもスーパーですが。
頭の中はほぼレンコン料理を作ることで動いている。
野菜売り場ではこの料理で入れられそうなものをかたっかしからかごに入れる。
少し買いすぎたようですね。

鶏肉とレンコンの炒め物
※なぜか煮物に近いシロモノ。ご飯にかけて食べるとおいしいです。
 前回は煮物でしたね。

◎レシピ

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

マーボーゴーヤ、痒いぜ。 [レシピ]

アウトドアの施設ゆえすべての材料が
いろいろあるというわけではないが、
何か偏った方向で調味料がそろっている。
カレーを作るのに十分な調味料がある。

冷蔵庫と乾物がしまってあるガラスケースを物色。
片栗粉が無い!
キッチンは屋根はあるが四方には壁がない、開放感豊かなところ、
その日も雨をみながらの調理。
雪のときは雪を見ながら。
虫や蛾が照明めがけて集まってくる。
今日は蚊取り線香をたきながら、
足元の猫たちを踏まないようにして料理をする。

もともと、僕のレシピはあるもの勝負で決まる。
今回は家で作ったマーボ豆腐のバリエーションで作りたいと思った。
オーダーにゴーヤチャンプルがあったが
この料理はどうも理解できないからだ。
あれは肉野菜炒めに卵を入れたぐらいのイメージしかない。
それだけ沖縄料理と疎遠なわけだ。
泡盛飲むと悪酔いするし。

玉ねぎを1個みじん切り。
BBQようにカットされた野菜があったのでそれをゲット。
それを小さくカット。
洗ったりする必要が無かった。
そのお仕事した○かはしさんが食べるのだからゆるしてね。

なす、まいたけ、えりんげ、ピーマン、しいたけときたところで、
○かはしさんがしいたけの削除要請を出す。
きらいなんだ!!

冷凍庫からミンチの肉を出してくれる。
300グラムぐらい使う
電子レンジでチンなんかしないで流水で解凍。

生まれて初めてゴーヤをカットする。
中身が白くなってるんだ。
スプーンでなかがわをえぐってからカットする。
簡単簡単。

これが材料のすべて。

チリソースが無いが豆板醤の大きな業務用のビンがあるので、
ゴーヤの中身をくりぬいたスプーンで山盛りぐらいを用意。
アバウトですね

オリーブオイルが少ししかないのでごま油を使う。
これもたっぷり。
※揚げ物ではありませんよ、そこまで入れません。

中華なべを強火で熱して、半分凍っているミンチ肉を入れて炒める。
色が変わったところで、山盛りの豆板醤を入れて炒める。
初めから匂いがそれらしい。

次に玉ねぎを入れよく炒める。
いい香りがします。
塩コショウをたっぷり。
どうせ酒のつまみ。
これも強火。

そこですべての野菜をぶち込んで
肉汁とゴマの油をよくからませて炒める。

同時に小さなフライパンでお湯を沸かして
鶏がらスープを溶かす、それにも豆板醤を入れる。
また野菜のほうを炒める。
小さなフライパンのこと少し忘れてしまいスープが
やや煮立ちすぎたぐらいになる。
まぁいいか。
この煮立ちスープを炒めている中に入れる。
これも強火。

いい色になってきた。
どのくらいゴーヤを炒めるのかわからないので途中で味見。
こんなもんでしょうというところで完成。

なかなかの味です。

サンダル履きだったので足が蚊の餌食に
痒いよぼりぼりでキンカンは必需品。
蚊取り線香たいてたのに。

白ワインを飲みながら○かはしさんと二人でマーボゴーヤを食べる。
夜の雨の中、くらい坂道に人影が、
SAIYOBAさんが登場だ。
待ってましたという感じで、早速試食していただき
強引に「おいしいですね」を言わせる。
いい迷惑だろうね。

SAIYOBAさんはいつものサタデーナイトの一人もくもく練習。
いつも一緒にとは思ってるんですが、つい飲んでいつも流れですね。
飲酒運転は川の上でもよくないですもんね。
川の神様に申し訳ない。
白ワインは2本目に突入。


ブログランキング

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

川からの贈り物と、麻婆豆腐 [レシピ]

○おぬきさんが、自宅菜園でできたゴーヤを1本
WIZ-NATUREに持ってきてくれた。
料理人がいれば、何か料理を作ってもらえるのだが、
本日は波乗りで九十九里に出張中のようで、
泊まり組は○かはしさんと僕の二人だけ。

夕方から降った雨とかいろいろあり、
○かはしさんは恒例の銭湯と買出しにいけず。
僕が買ってきた酒のつまみで、川からのプレゼントの
缶ビールを3本のむ。

上流でBBQととしていて川で冷やしていたのでしょう。
それが流されて・・・・。
ご馳走様です。
リサイクルのゴミとしてアルミ缶は処理いたしました。
川はきれいにしましょうね。

つまみがなくなったところで、目の前にあるゴーヤが妙にきれいなのだ。
材質感がなんというのか作り物のようであり、あのぶつぶつの緑が
ものすごく鮮やかでプリンターとかTVモニターのコマーシャルを見ているような
そしてこの形自体が妙にエロティック。
ほんとにこれは食べ物なのだろうかと思ってしまう。

そこで話はさかのぼる。

先週末、FreeWaveでしみとしさんが作ってくれたマーボー豆腐を
自宅でまねして作ってみた。

ジャンボで買ってきたひき肉半額が冷凍庫で保存してあったので使う。
350グラムぐらい。(170円ぐらいでしたね)

賞味期限切れになった豆腐もあった。
※忘れ去られていた豆腐。
これでメインの材料がそろう。

他に、玉ねぎ(1個)、もやし(1袋)、なす(1本)、長ネギ(1/2本)、しょうが(ひとかけら)
えのき(1袋)がある。
十分すぎる材料。

マーボー豆腐というと中華料理屋で食べるぐらいで作ったことがない。
しみとしさんが作ってるときは、FreeWaveのHPの追加更新で見ていなかった。

さてどうやってって作るんでしょう。
いつか見た料理番組を思い出し、
業務スーパーで買ってきたオリーブオイルをベースにひき肉をいためる。
※しみとさんもオリーブオイル使っていた。

よく肉を炒める。肉からも油が出てくる。
しょうがをすり下ろして入れる。
※中火
みじん切りにした玉ねぎを加えてまたよく炒める。
そこで塩コショウを加える。たぶんしょっぱいぐらい。
豆板醤をスプーンで一さじぐらいを入れる。
好みで入れてください。
そこで刻んだ長ネギを入れる。

コップ1杯ぐらいの熱湯にチキンスープの元を
大匙1杯(袋から入れるのでアバウトです)溶かして冷ます。

玉ねぎの色が半透明になったら、ラー油を少々。
チリソースをたっぷり、色がそれらしくなるぐらい加えてまた炒める。
匂いがそれらしくなってくる。
残りの野菜(もやし、ナス、えのき)を加えよくなじませる。
※強火

なじんできたら、弱火にしてふたをし蒸し焼きにする。
そこで時々味見、足りなければ塩コショウとチリソースを入れる。
※弱火

もやしが気持ちやわらかくなったら、
豆腐が登場。
好みの大きさに切って野菜の上のてまたふたをして蒸し焼き。
※弱火

片栗粉を先ほどのチキンスープに入れて溶かす。
大匙いっぱいぐらい。

蒸し焼きにしていたフライパンの中へ入れる。
へらで全体にスープが行きわたるようにする。
またふたをしてしばらく蒸し焼き。
※弱火

完成です。
これを子供たちに食べさせた。
信憑性はないがうまいということだった。
これをゴーヤに応用してみる。

続く。


ブログランキング

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

気分は豪華和食つくり [レシピ]

◎いつものぶりの照り焼き(4枚、そのうち1枚は主の明日のお弁当)

お酒をコップ半分ぐらい、半分はお酒の味見で自分の腹の中へ。
煮たててアルコールを飛ばす。熱燗のようないいにおい。
しょうが1/3個を2~3ミリぐらいの厚さにカットしたのと、みりんと醤油を加えまたぐつぐつと、1分ぐらい。
そこに、砂糖を、砂糖がないぞ!! ヨーグルトに入れる砂糖のパックを一つ発見、これで十分だ。
またぐつぐつと、とろ火で1分ぐらい煮込んで、味が濃いので味見はしないで、香りがよければそれでよし。
大ふきんを水にぬらして軽く絞りその上で煮込んだ鍋を冷やす。
○りがきて、醤油のいいにおいですねといってのぞきこむ。
あらかた熱が冷めたところでぶりの切り身を入れる。
味がしみこめば出来上がり。
主が帰ってきてから焼きましょう!


◎カブの甘酢付け。(カブ:5個ぐらい)

甘酢といっても砂糖は入れない。
塩で甘さを出す。
茎部分をばっさりカットして、2~3ミリ程度の薄さに輪切りにカット。
茎と葉っぱは、煮物に使うのでまな板の上で待機。
香り漬けに大葉を4枚を細く切る。
ボールにお酢と塩、みりんを少々入れる。
そこにカットしたカブを加える。
お酢をケチっているのでカットしたカブに甘酢がかからないので、ボールをクルクルと回す。
塩を入れているのでそのうちにカブが少ししんなりとしてくるし、カブから水が出てきてくる。
それでも時々混ぜて味が全体にしみるようにする。
ゆずとか、昆布があれば入れてみたい。
ときときカブの味見をして、薄すぎたら塩を加える。
あとははひたすら待ち。


◎カボチャを煮る(1/2個)

カボチャを煮を作るので一番ほしいのは、よく切れる包丁。
この野菜はとても硬い。
いつかテレビで、電子レンジで加熱するとやらかくなるとかいってましたね、でもそんなの面倒なのでパス。
丸々1個だと大きいので、半分にカットしたのを買う、切る時少しは楽だ。
見よう見まねなので作るのでどう処理したらいいのかわからないことがあった。
切ることは切ったが中身の種を取った後、種の周りの繊維質はきれいにとるのだろうか?
そういえば、煮崩れしないように角をきれいにカットしてあったな。
カボチャは煮ると甘いので、みりんと醤油だけで味付けした。

ほかに何か入れたほうがいいのだろうか?
人の台所で主は副業の仕事で外出中、調味料を探すのが面倒でこれでおしまい。

煮る時間がいまひとつわからない。
以前野菜のごった煮みたいなものを作ったとき、カボチャを煮すぎで後かなもなく崩れたことがある、多少固めのほうがいいのだろうか。
今回はほかの食材準備していて、やや煮込みすぎてやわらかくしてしまったようだが、熱があらかた逃げていくとなんとなく硬さが戻っている。
やや甘みにかけたカボチャのようだが多少塩を入れたほうが甘みが出てよかったかもしれない。


◎初めてごぼうを料理してみた(ごぼう1本、コンニャクパック1、竹の子を2個、カブの茎と葉っぱ)

泥つきだと泥を落とすのが面倒と聞いているのではじめから泥を落とした太目を1本購入。
コンニャクは4センチぐらいの3角形にカット、ごぼうも4センチぐらいにカット。
ごぼうはどのくらいで煮あがるのかわからない。
味もどのくらい煮込めばしみるのだろうか。
やってみてのお楽しみということで、カボチャを煮込んだ煮込み汁にごぼうとこんにゃくを入れて茹ではじめる。
先ほどの残りのしょうが2/3個を2~3ミリぐらいの厚さにカットしそれを細切りにして鍋に加える。
汁の量はすべての材料が水の中に隠れる程度で、足りなければ水を加える。
調味料の変わりに、一口サイズの野菜のさつま揚げ(安売りしていたもの1パック)を入れる。
5分ぐらいぐつぐつ煮たところで、みりんとお酒をカップ半分いぐらい、醤油をおたまに3杯くらい。
とりあえず味見をする、薄口程度にしておく。
3つまみぐらい塩を入れる。
香りが煮ものの匂いになってくる。
味が落ち着いたところで竹の子の水煮2個を適当な大きさにカットして加える。
そうそう忘れてました、味をしめるのに七味をたっぷりかける。
これも後はひたすらとろ火で待つのみ。
煮込んでだんだん味が濃くなる。だしの味がチョイ辛め程度になれば出来上がり。
火を止める少し前ぐらいにサブの茎と葉っぱを入れる。
冷まして味のしみ込むのを待つ。

これで豪華な和食の用意が出来上がり。
正味1時間。

夕練に○りといかなくちゃ。
http://freewaveshimitoshi.blog62.fc2.com/blog-entry-175.html
6日の出来事でした。


ブログランキング

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

イカと大根の煮付 [レシピ]

いつものようにジャンボで買い物。
何年ぶりかでイカを買う。
前どんな料理作ったか覚えてない。

大根を探すが半分にカットしたものしかないのでそれを購入する。
やっぱり煮つけだろうか。
後は冷蔵庫を多少埋める食材を購入。

台所の食器などの洗い物を済ませて料理開始。
時間がかかる大根から。
1センチぐらいの角切り。1/2本
しょうがは1個を3ミリ程度にカット
ついでに長ねぎもカット。
次に米を4合ほどといて炊き始める。

大根としょうがをじっくり茹でる。
しょうがのいい香りがするまで。
ほんだしと割烹白だしをいれ弱火でぐつぐつ煮込む。

サラダに入れるたまねぎのスライスを作る。
次に冷蔵庫の残り物、きゅうり1本もスライス。

煮込んでいる中にみりんを入れる。
ますますいい香り。

サラダのドレッシングつくり。
ワインビネガー
オリーブオイル
ごま油少し
コショウ
料理用カレー粉

煮物に最後の味付けのしょうゆを入れる。
それまではアルミの鍋を使う。
煮立つのを待つ。

レタスを洗い適量の大きさに手でちぎる。

煮立ったら土鍋に移して3センチぐらいにぶつ切りにしたイカを入れその上にカットした長ネギを入れる。

長ネギがしなりだしたら出来上がり。

トマト2個をカット用意した野菜をさらに盛り出来上がり。

人気blogランキングへ


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。