So-net無料ブログ作成
害人-うんちく ブログトップ

どう考えてもどこかで増税は間違いない [害人-うんちく]

禁煙治療を始めたら、消費税を上げる代わりにタバコの値段が
ひと箱1,000円になるとか、500円ぐらいがいいとか、
あまりにも場当たり的は発言はやめてほしいな。
この国の政治家と、助言をするお役所の人たちの
頭の構造やレベルが気になる。

今回のこの薬を処方してくれた医師が説明してくれたが、
タバコを吸う人の多くはうつ症の予備軍というデータが
アメリカで発表されているそうだ。

今の値上げ発言は、たばこを吸わない人たちの権利に立って
いいたい放題だが、喫煙者はほんとは弱者である。

ニコチンは国が公認した麻薬の原料みたいなものだ。
タバコを吸うと肺から血液に溶け込み脳に送られる。
ニコチンが脳内の受容体と結合すると、脳の歓楽中枢で
ドパミンが放出される。

皆さんが知っているとおり、人のかららだは微量だが麻薬を作り出す。
タバコをやめられなくなりニコチン中毒になるのはこのためだ。

やめるには、相当な努力、タイミング、環境が必要だ。
多くの人が心の中では禁煙するとまでは思わないが、
一時的に禁煙ぐらいしてもいいと思っているはず。
タバコが止められた人は環境に恵まれていたかもしれない。

今回のばかみたいな値上げ騒動で一時的に禁煙ぐらいして
この思いつき増税を破棄してもらいたいと思うが、
中毒症状になっていると、麻薬と同じで高くても購入してしまう。
そのぐらいこのニコチン中毒は重症だと思える。

国が公認してきて、これからも財源として考えているから、
タバコの値上げで三兆円の増税をもくろんでいる。

体に良くないといいつつ、メーカからは次々と新製品が発売されている。
今度の自販機で使うカードは納税用のクレジットカードだと思えばいい。
国はこのカードで喫煙者を管理する。
納税率が下がらないよう、タバコメーカーには販促を促す。
広告の規制一部解除。
今まで通り購入しやすい場所に設置。
喫煙スペースを作る。
禁煙しないよう国は、喫煙者のサービスを始める。
何といっても財源の減少を防がなければならない。
これはSF的な発想ですね。

社会保険料の財源として必要なのはわかるが、改革されてない
お金のかかるお役人の天下りの組織とか、道路の作るより
この差し迫ったことにお金を回す方がいい。

道路が良くなると便利でいいが、現状のままでもいいじゃないか。
現状より悪くなるのがわかっているのは医療の現場と医療を受ける
国民の生活ではないか。

タバコのCO2の排出よりもっっと大きな排出しているものがある。
自動車だ。
こちらの差し迫った温暖化対策が急務のはずだ。
この原資もはっきりしてないなら、ガソリン代を上げればいい。
極端に配給制にしてもいい。
公共機関の乗りものを即せばいい。
車が減れば広い道路を造る必要がない。
これで道路の財源が減る。

僕らにとってとても不便になる。
カヤックの遊びは道具が大きくて重いし量がある。
濡れると余計重い。
車で行かないとならないところが多い。

車は乗合で何人かで行動するようにすればいいかもしれないが、
カヤック人口の少なさと、澄んでいるところが違う、
それぞれの仕事が違うので休みも違う。
これはなかなか困った問題になる。

宝くじの1等を10億ぐらいにして、1枚1,000円にしたらどうだろう。
当選確率もやや上げる、まっ等は必要ない。
10億なら買う人がいる。ひとりで10枚買う人がたくさんいる。
名目も後期高齢者制度廃止のためと、国民の医療のためとかにすればいい。
宝くじ買うのも一つの中毒ですね。

どう考えてもどこかで増税は間違いない。

ブログランキング

人気blogランキングへ



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

春の雪。ちがうまだ2月だよ!! [害人-うんちく]

金曜日、仕事を終えて家に帰りついたのは午前1時過ぎ。
晩飯を取り忘れて腹がへるが家に誰もいず。
鍋の残り物が少しあったので卵をひとつ入れて暖める。
それではとても足りないので、インスタントラーメンで具のないラーメンを作る。
2時ぐらいに息子が帰ってきた。
翌朝はスキーに行くのに某所へ5時半集合なので、目覚ましを4時45分に合わせて仮眠を取る。
近いから楽だ。
つい2度寝をしてしまう。
時間は5時15分。
出かける用意はしてあったので息子二人であわてて集合場所まで車で急ぐ。
5分ぐらい遅れて待ち合わせ場所に到着。

雪があるのかという心配をするぐらいのこのところの暖冬。
スキー場の近くの道路に雪がある程度。
どう見ても信州の景色はもう春。

9時半には宿についた。
白樺に囲まれたこの宿は写真家たちで春にはにぎわうとのこと。
10年ぶりぐらいに合う閑人舎のご主人。
ちょっと太ったね。
聞こえる声は懐かしい、怒鳴るような声。

着替えてすぐにゲレンデへみんなと飛び出す。
スキー場は宿のすぐ前。
レンタルしたシューズと板は始め違和感がありやや心配だったがどうにかはきこなす。
なんとなく昔で言うパラレルの大きなターンとウェーデルンもどきの滑りはできた。
それから昼食を入れて3時間ぐらい滑り僕はリタイヤ。
仲間はその後も滑っていた。
閑人舎に戻りご主人と昔話を魚に一人でビールを予定通り飲みだす。
スキーの合間の食事のときもビールは飲んでいた。
暗くなってから急に雪が降り出して5センチぐらいは積もった。
それから晩飯後まで飲み続けた。
9時ぐらいには早寝して、2時過ぎに喉が乾き起きだす。
部屋には僕一人で誰もいない。
まだ宴会は続いていた。

よく朝起きると、朝方雪が降ったようで15センチほど積もっていた。
僕だけ、スキーをやめてのんびり過ごすことにした。
宿の主人がそれを聞きつけて、それではとウッドデッキの雪かきのお仕事をさせていただくことになる。
都会から来たお客さんは雪かきを楽しんでするとのこと。
僕は楽しくないけどね。
雪はその後も降り続いていた、雪かきをしたウッドデッキの上に雪が積もるかと思ったらどんどん溶けていく。
東京に降る雪みたいだ。
ここは標高1600メートルあるというのに。

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

ねずみが急に増えたわけ [害人-うんちく]

害人-暖冬に関して見たり聞いたり-no.3

自宅の近くを車で走っていると、夜だと思わぬところで大型動物とかを見ることがある。
自宅から50メートルぐらいのところで4頭ほどの鹿が道路わきの狭い空き地にいたり、イノシシがさっと道路を横切ったりとか。
夜、自宅の窓から外を見ていると、街頭に照らされて黒いものが右から左へさっと空中を横切ったり、これはムササビです。
いろいろな動物たちが普段から見られた。

ところが、このところ見なくなったり、泣き声が聞こえなくなった動物がいる。
数年前はよく車に引かれていた狸、最初は子供の泣き声かと思った狐の泣き声。
このところ見なくなりました。
イノシシは相変わらず家の裏で騒いでいて物騒です。

近くの林業をなさっている人の話だと、これらの獣たちに伝染性の病気がはやったそうで、山からこれらの獣の姿が見られなくなったとのこと。
自然界の弱肉強食の循環から考えると大変なこと、山に残る大型動物はイノシシと鹿。
その下の順位の動物たちがいなくなった。
そうすると当然のように、小動物が狸や狐が減ったために急に増えている。
代表的な小動物は野鼠(のねずみ)。
以前、マウスバスターとかいってこのブログ手書いたことがあったが、今年ねずみが急に増えたわけがこれでわかりました。
「家の中にねずみが・・・
さっそく、2匹

林業をなさっている家にも相当数の野鼠が侵入したようです。

暖冬と、このことがどう関係しているのかわかりませんが、暖冬により山の中がどうもいろいろ変化が起きていることは間違いないようです。

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

人ですから [害人-うんちく]

健常な人に何も健康に問題がないということはないと思います。
すべての人間はなしかしらの病気に対して因子を持っているはずです。
老いとともにいろいろ発病する。

どうしてでしょうか?
人も進化していく生き物だからです。
そして安定して変らない物質は存在しないからです。
科学の時間で習った原子も長い時間で変化していきます。
その時間のサイクルは人の想像を超えた時間です。
時という要因により物質は変質していきます。
この宇宙は時とともに広がり続けている。
でもなぜか、無限の広がり続ける宇宙なのに、これも天文学的にはなれた巨大な銀河同士が近づき、長い時間をかけ衝突してひとつになったり変形したりと、まだまだ人の持つ科学力や洞察力を超えたものがこの次元に存在している。

この地球だって人が住む陸地部分をすべて理解したかのように科学者たちは言うけど、
地球を覆う海に関しては未知なことが多いのに、科学者たちは自分の理論の中から外へなかなか出いで、新たなものの追求がおろそかな気がする。
わからないし、四六時中見ることができないからだね。
医学もそうだと思う。
文明社会もそうかもしれない。

人もこの宇宙の中のひとつなんだから。
僕らの体を構成する物質は地球から得ているけど、この地球はこの宇宙の中の物質で出来上がったはず。

人は文明という要因により本来の人が持っていたいろいろな因子を失っています。
それは衛生管理された食品、居住空間でいろいろな細菌や病原菌、ウィルスとの接触が少なくなり、それらに対して持っていたDNA情報が子孫に対して失われたりすることにより、今まであたり前に身の回りにあり人と共存していた微生物、細菌が突然危険なものになるとかいうことがだんだん起きてます。
これからの時代は新たな難病とかがいろいろ増えてきそうですね。
花粉症も、化学物質過敏症もそんな人の体質が変ってきたことにより起きてるのではないでしょうか。
将来に対応できる体をDNAが人の医学より先に探しているのではないか?

何も起きない健常という人たちは、この変化にまだ対応してないのじゃないかな。
起きないということはいつか変化に付いていけなくなる気がする。

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

花粉症の方に耳寄りな話ですが [害人-うんちく]

害人-暖冬に関して見たり聞いたり-no.2

今日が1月最後の日、まだ冬なのに、
春の陽気で桜が咲いていてもおかしくないぽかぽか。
Tシャツ1枚にジャンバーで歩いていると汗が出てくる。

花粉症の方に耳寄りな話ですが、日本の山々にご先祖さんたちが植林された代々のヒノキや杉で多くは植えつくされてます。
これらの木は平地ではなく尾根にヒノキ、谷間に杉という感じで山に植林されている。
記憶によると国土の7割が山で、ぶななどの自然林は今は限られたところにしか自生してないと、自然保護を訴えたテレビ番組で紹介されたような気がする。
このヒノキや杉は先祖代々、地元の林業を営む人たちにより管理されてきた。

最近この人たち(林業をなさっているかたがた)の間でこの温暖化が、深刻な問題になり始めているというのである。
冬に雪が降らず、暖冬気味で、杉の木が枯れだすのではというのである。
実際にこのところ家の周りの杉を見ると元気がない気がする。
植林からたぶん10年ぐらいの直径が15センチの杉がよく折れて倒れている。

何が耳寄りかというと、もしかしてこのまま温暖化が進めば、ヒノキや杉にとって生育しにくい環境になり、立ち枯れしていく可能性があるというのである。
ということはこの温暖化が続けば、この数年のうちに逆に杉の花粉が減少する可能性があります。

ここ数年スギ花粉がひどくなっている原因は、杉自身が子孫を残すために生育しやすい気温の低い環境へ種を残そうとして大量の花粉を出している気がする。
その花粉のDNA情報には、温暖化に対応しようとする因子が太古の時代からあるかもしれない。
たとえば熱くなれば、北へ種を移動させようとする情報かもしれない。
彼ら植物の方が、哺乳類より古くこの地球に広く分布して生息しているのだから、より多くの環境に対してのDNA情報が含まれてるのも知れない。
今まで人が考えた花粉の増えた原因とは別に、この温暖化を感じ取った植物が、自衛本能により人よりの先に将来の気候変動にそなえて子孫を残す行動に出たんだと仮説しちゃいます。
人は、CO2の排出を抑えるとか、国際会議でいろいろ唱えているが相変わらず、たいした進展もなく温暖化への道を走っている。

花粉症に関していますぐよくなる話じゃないが、期待できる話でもある。
次はその山に住む獣の話

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

暖冬はうれしいことなの?悲しいことなの? [害人-うんちく]

害人-暖冬に関して見たり聞いたり-no.1

川でカヤックに乗ってる僕たちには、この暖かい気候はうれしい。
でも、日本の四季には冬は必要だ。
冬には、山岳地帯に降る雪が水源地の水源になるし、日本人にとって冬の風物詩になるいろいろな行事が存在する。
冬ならではの食材もある。
川の水が枯れて砂漠化はもっと困ります。
カヤックに乗れなくなるから。

先日、韓国のニュースでりんごの産地が温暖化でりんごの生育に適さなくなってきたという内容のニュースがあった。
そのため柑橘類の産地が今後、韓国で増えるのではということも紹介されていた。
日本でもそんなことが起きるのでしょうね。
北海道がりんごの特産地で、長野がみかんの特産地とか、大阪でパイナップルが取れるとか、東京もマンゴが旨いとかね。そのときは東京は海水面が上がり相当水没してるね。

青森県の三内丸山遺跡から、栗の実や木片が発掘されて当時の日本の気候が温暖で暖かかったということだ。
その後、気温が下がりだして栗などの食用にしていた木が生育できなくなり、三内丸山の縄文人はそこを去ったということをテレビで見た気がする。

現代人は、気候が変ったからといって簡単には住む場所を変えられないが、マスコミに出てくる温暖化による極地の氷が解けることにより、将来水面が上がり住む場所を変えなければならない時代は、今世紀中に必ず起きるという。

人が生きていくということは地球とか自然から見て害人(害虫をもじって)なんですね。

次回、花粉症の方に耳寄りな話があります。
でも、暖冬ということから話が始まりますので話としては暗いが、花粉症の方にはうれしい話。

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
害人-うんちく ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。