So-net無料ブログ作成
チキンな心 ブログトップ

「ブジにカエロ」アンケートの報告 2007.10.19更新 [チキンな心]

NEW アンケートの報告 2007.10.19更新

このブログで取り上げている「第9回全日本オーシャンフリースタイル」の
一部の参加者とスタッフの方々にアンケートをお願いしました。
内容は下記の質問項目になります。
手違いですべての方にお願いできませんでしたが、回答をいただいた事を
ブジにカエロ」掲載させていただいてます。

初めに、大会終了後にお願いしてアンケートに回答していただきました
参加者とスタッフの皆様、ありがとうございます。

今回追加した3人です。
NEW! 
005:女子プレーボートで優勝したrisaさん。(1号)
NEW!
006:Wiz Natureのガチさん。
NEW!
007:Saltys Paddle Sportの代表さん。

いただいたアンケートをまとめますと、初心者も上級者も油断しないで
安全に関しては、スカウティングなど十分すぎるぐらいの安全策は
いつも心がける必要があるという内容でした。

※ダウンリバーで一度も怪我をしたことがない方がいました。
 この方にいつか改めて話を聞いてみたいです。
 その秘訣はなんでしょうか?
質問内容は以下の3項目です。
質問事項1:初めての川や、いつもダウンリバーする川で気をつけている
       ことは何ですか?
       また、初心者へダウンリバーで望まれることはありますか?
質問事項2:ダウンリバー中の怪我はありますか?    ある   ない
      ※ある方は、ケガの名称があれば 例:腕の切り傷
質問事項3:あるのお答えの方で、具体的な怪我をされた状況を
       お教えていただけますでしょうか?
      ※川の名前もお願いします。
今回3人追加いたしました。
NEW!
005:女子プレーボートで優勝したrisaさん。(1号)
NEW!
006:Wiz Natureのガチさん。
NEW!
007:Saltys Paddle Sportの代表さん。
001:8月に事故に遭遇し実際にレスキューを経験したnariさん。
002:皆さんがよくご存知のyagiさん。
003:シットオンの立ち技にチャレンジしたキミドリカヤックさん。(1号)
004:大会のMVP賞をゲットしたニコニコさん。

通院好きカヤッカーをごらんの方でこのアンケートに
賛同していただけるようでしたら、このコメント欄に
質問事項の内容をご記入ください。
よろしくお願いします。

澄んだきれいな多摩川に早く戻れ!!

ブログランキング 人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

週末の天気が気になるので調べてみる [チキンな心]

気象庁天気図によるとフィリピンの東に非常に強い台風15号が中国大陸に向かって移動していて、
そのはるか東北東(グアムの東側なのだろうか)に1008hPaの低気圧が北東に時速20キロで移動中。
  ↓
天気図: http://www.jma.go.jp/jp/g3/

ということはこれからうねりが日本に押し寄せてくる。
YAHOOの今日の波情報予測で九十九里あたりで見ると1.5.0~2.0m(6日09:00)。
波の周期は9.0~11.0s(6日09:00)。
※色分けしていて色が微妙にわかりづらいので波の誤差は+0.5m、周期は変わらないぐらい。
  ↓
波情報予測: http://weather.yahoo.co.jp/weather/wave/kanto.html?c=10

これってもしかして僕でも楽しく乗れる高さだったりして。
今日あたりはやや物足りないぐらいのようだが、今すぐ行きたいね。
今まで知らなかったが波の周期予測もあるんだね。
そういえば物理の時間にそんなこと習ったような気がする。
波が大きくなると当然波の周期が長くなる。
光も同じですよね確か。
色々忘れていたことがありますね、少しだけ思い出してきた。

週末までこの予測ぐらいの波だといいのですが。

日曜から波が大きくなったら川に行きましょう。

ちなみに、東京の土日の天気予想は晴時々曇 、月曜日は曇時々雨。
普段降る降雨量の雨は、フリースタイルのカヤックは
頭からジャブジャブと川で心と体を洗濯しているので関係ないのですからね。


ブログランキング

人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

楽しいことをする前に考えた [チキンな心]

カヌーに限らずどんなスポーツチャレンジ精神がないと続かないし
スキルを向上することはできないと思う。
怖いと思っていたり、古いものにとらわれていたら何事も始まらない。
早く言えば「初めの一歩」が大切なのかも。

人が見向きもしなかったところに新しいスポーツが芽生えている。
このスポーツを多くの人に理解してもらうために何が必要か
これから僕らは考えないといけない。

新しい試みにはどうしても情報を共有することが難しい。
今までにそういう運動や、試みがあったと思う。
でも、せっかくの作られたいいサイトが埋もれている感じがする。
それはどうしてなのだろうか。

もう一つ大切なのはこのスポーツを、川の流域に住む地元の人に
より理解してもらう必要があると思います。
河川の管理は国と地方自治体かもしれませんが、
多くの川の川岸は個人の土地です。
それを知る人が少ないのが現実です。
東京に住んでいる僕らだと、遊べる川まで行きそこで
休むこともあるし、車を駐車することもある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

海岸での対応を考えた [チキンな心]

静水でのロールが100%できるなら海に出ても安全だと思うが、
ロールが100%できる自身がついてからいってほしい。

僕の考えている「ロールが100%できる」というのは、
静水練習やエディ周りの練習で沈脱せずにロールであがれるというのが
基準になります。

カートホイールやスピン練習中にロールして普通にあがれるということです。
僕を基準にすると、バウステーションの練習時には1日60回以上はロールをし沈脱はない。

疲れてくれば静水でも1回目のロールを失敗して2~3度目で
ロールで起き上がれるということがよくありました。

川も海も同じですが、疲れてきたら体を十分休めてから遊びましょう。
疲れてくると何をやってもミスが多くなります。

海ですとエディはありません。
岸に手をつくことができません。

ロールを失敗して沈脱をしてた時、近くにだれかがいても、
すぐにレスキューのために近寄れないときがあります。
波乗りはスピードが出ますのでお互い少し離れています。

押し寄せる波が強いと、近寄るにもその波を越えるだけで時間がかかります。
海にも潮の流れがあります。

沈脱した人がカヌーを引っ張りながら岸に向かって泳ごうとすると
引き潮の流れで岸に近づくことが難しくなります。

一人で海にでて引き潮のとき沈脱視したときは、カヤックはあきらめて
自力で岸に向かい泳ぐべきだと思いますね。

そうしないと浮力があっても水の抵抗が強すぎて岸まで戻れません。

オープンタイプのシットオンは再乗艇することも可能ですが、
プレーボートは、フローとが入っていても水が入りすぎたら
再乗艇することは困難です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
チキンな心 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。